「KitMill」シリーズについて

「KitMill(キットミル)」は、自分で組み立てられるキット式のデスクトップ型CNCフライス(※1)の製品シリーズ。CNCフライスの最大のメリットである、削り出し(切削加工)によるものづくり(※2) に加えて、工作機自体を組み立てる楽しみも味わうことができます。目的や用途に合わせて豊富なラインナップを揃えるほか、メンテナンスや調整はもちろん、改良を加えて自分だけのマシンへとカスタマイズすることも可能です。

KitMillのはじめかた

「KitMill」の本体を、付属のコントローラー「TRA100/150」を介してPCと接続します。このコントローラーは、PCから送られてきたプログラムをモーターの動きへと変換する役割を担っています。
くわしい操作手順については、「工作の手順」を参照してください。

(※1)CNCフライスとは

「CNC(Computer Numerical Control)/コンピュータ数値制御」とは、コンピュータを使って工作機械の動作をデジタル制御する方法のこと。また、「フライス盤」とは回転式の刃を備えた切削工具で、ミリング盤とも呼ばれます。この二つを組み合わせ、XYZ軸に沿って材料を削り出していくフライス盤をコンピュータ制御できるようにしたものが「CNCフライス」(略称:CNC)です。

(※2)削り出しによるものづくり/3Dプリンタとの違い

CNCの主な用途は、材料を削り出していくことです(切削加工)。「エンドミル」と呼ばれるドリルに似た形の切削工具を取り付け、この部分を回転させて材料を削り取ることで形を作り上げていきます。その最大のメリットは、さまざまな素材を加工できること。木材やアクリルなどの樹脂材から、アルミや真鍮などの金属も扱うことができます。
なお、コンピュータに接続して使用するデスクトップ型の工作機械としては3Dプリンタが有名ですが、3Dプリンタはノズルの先から押し出した樹脂などの材料を積み上げることで、立体的に入り組んだ造形の出力を得意としています(積層方式)。一方でCNCは素材そのものを削り出すため、質感や強度、耐熱性や摩耗耐性など素材の持つ特性をそのまま活かしながら、非常に緻密な加工を行うことが可能です(切削方式)。

▲ CNCと3Dプリンタを組み合わせた模範的な作例、仙頭邦章様・高橋義樹様による作品『ティラノサウルス』。立体的に入り組んだ形状の頭部は3Dプリンタで出力し、強度を必要とする機構部分はCNCで削り出すなど、それぞれの特徴を活かして制作されている。

「KitMill」シリーズの性能比較

「KitMill」シリーズでは、加工する材料や使用目的に応じてさまざまな機種をご用意しています。例えば、コンパクトな設置スペースで選ぶなら「KitMill CL100」、鉄を削りたいなら「KitMill AST200」など。目的や用途に合わせて、最適な製品をお選びください。

KitMill CL100/200/420

優れたコストパフォーマンスを発揮するミニマル仕様のモデル。
小型機ながら広域の加工範囲をカバーする「CL100」と、さらに加工範囲を広げた「CL200」「CL420」の3機種を展開。
全軸リニアガイドを搭載し、基板加工機としても利用できるなど、多様な機能をコンパクトに集約した。

切削性能(CL100)

切削性能(CL200/420)

XY軸加工範囲(CL100)

XY軸加工範囲(CL200)

XY軸加工範囲(CL420)

KitMill RZ300/420

広い加工範囲と高い切削性能を兼ね備えた実力機。
鋳鉄製のベーステーブルと肉厚のアルミ押出材フレームの組み合わせにより、アルミなどの加工にも高い安定性を誇る。
高出力な100Wスピンドル化セットや、切りくず対策用の集塵ユニット3種など、豊富なオプションを取り揃えている。

切削性能

XY軸加工範囲(RZ300)

XY軸加工範囲(RZ420)

KitMill MOC900

木材加工専用に開発されたテーブル型の大型機。
A3用紙4枚分(900 × 560mm)に及ぶ加工範囲を誇るほか、オプションで切りくず対策用の集塵ユニットを備えるなど、大判の木版を使った作品づくりに実力を発揮。
木材加工時の粉塵に強い設計と堅牢な構造を採用し、使い方次第でアルミなどの軽金属にも対応する。

切削性能

XY軸加工範囲

KitMill AST200

シリーズ最高の切削性能と、美しく重厚なデザインに輝くハイエンドモデル。
フレーム全体に鋳鉄を採用することで、かつてない機械剛性と減衰性を実現した。
鋼材に対しても安定した切削能力を発揮し、軽金属や樹脂の加工時も比類なき切削効率を実現。
シリーズで最大のZ軸ストロークも備えており、高さのある部品の削り出しにも対応する。

切削性能

XY軸加工範囲

各機種の特徴

KitMill CL100/200/420

優れたコストパフォーマンスを発揮するミニマル仕様のモデル。
小型機ながら広域の加工範囲をカバーする「CL100」と、さらに加工範囲を広げた「CL200」「CL420」の3機種を展開。
全軸リニアガイドを搭載し、基板加工機としても利用できるなど、多様な機能をコンパクトに集約した。

KitMill RZ300/420

広い加工範囲と高い切削性能を兼ね備えた実力機。
鋳鉄製のベーステーブルと肉厚のアルミ押出材フレームの組み合わせにより、アルミなどの加工にも高い安定性を誇る。
高出力な100Wスピンドル化セットや、切りくず対策用の集塵ユニット3種など、豊富なオプションを取り揃えている。

KitMill MOC900

木材加工専用に開発されたテーブル型の大型機。
A3用紙4枚分(900 × 560mm)に及ぶ加工範囲を誇るほか、オプションで切りくず対策用の集塵ユニットを備えるなど、大判の木版を使った作品づくりに実力を発揮。
木材加工時の粉塵に強い設計と堅牢な構造を採用し、使い方次第でアルミなどの軽金属にも対応する。

KitMill AST200

シリーズ最高の切削性能と、美しく重厚なデザインに輝くハイエンドモデル。
フレーム全体に鋳鉄を採用することで、かつてない機械剛性と減衰性を実現した。
鋼材に対しても安定した切削能力を発揮し、軽金属や樹脂の加工時も比類なき切削効率を実現。
シリーズで最大のZ軸ストロークも備えており、高さのある部品の削り出しにも対応する。

「KitMill」シリーズの特長

ものづくりの可能性を追求する人々のために、できるだけ高性能な工作機械を、できるだけ低価格で届けること。それが、私たちオリジナルマインドの願いです。
この理念のもとに誕生したデスクトップ型CNCフライス「KitMill」シリーズの開発背景と、さまざまなサポート体制についてご紹介します。


1. 高性能と低価格の両立

CNCは、手加工では不可能な形状や高い強度が求められる部品のほか、素材の特性を活かしたり、表面がなめらかなものを制作できるなど、高度なものづくりが可能な工作機械。ですが、使いこなすには一定の知識と経験、そして技術が必要とされます。つまり、CNCをお求めになるお客様は、高い技術力と知識を持ち、CNCでなければ実現できない加工を必要としているはず。この前提のもとに私たちは、最も重要な要素である加工性能に焦点を定めたサービス設計を行っています。

A)組み立てキット式による提供

製品を組み立てキットにすることで、多くのメリットが生まれます。
まず、お客様自身が組み立てを楽しみながら、機械の仕組みについて理解を深めることができること。その結果、製品使用時の安全対策や、運搬や設置をする際の精度維持に貢献できること。
当社としては、製品のコストを抑えられること。そして、修理の受け付けなどの各種サポート体制を軽減できること。
これらの効果により、製品価格を1/2以下に抑え、価格のうち原材料費が占める割合を最大化することで、高性能・低価格なCNCのシリーズ展開が可能になりました。

B)直接販売によるお届け

工作機械の多くは、メーカーから販売代理店を通してお客様へと届けられます。しかしこの場合、代理店は20~30%の手数料を販売価格に上乗せするのが一般的です。
そこで私たちは、販路を直接販売のみに限定。手数料のコストを原材料に割り当てることで、より高性能・低価格な製品展開が可能になりました。

C)技術サポートをメールに限定

当社の技術サポートは、メールでの受け付けのみに限定しています。「KitMill」をお求めになるお客様は、すでに一定水準の知識と技術を身に付けているという前提に基づき、電話サポートなどに必要なコストを原材料に割り当て、より高性能・低価格な製品の展開に努めています。
その一方で、お問い合わせに対する翌営業日中の返信や、「よくある質問と答え」の内容を充実させるなど、初期不良や故障に対しても迅速な対応を心がけています。


2. 独自の買い替えサポートサービス

「KitMill」の買い替えに際して、お客様の愛機を下取り致します。下取りした「KitMill」をクリエイターや全国のFabスペースなどに適正価格でご提供することで、資源や工作機械の有効活用を図る試みです。
くわしくは「買い替えサポートサービス」をご覧ください。


3. 長年のご愛用を支えるサポート体制

購入いただいた「KitMill」をお客様に長くお使いいただくため、販売終了後(製造打ち切り後)も保守部品をできるだけ長期にわたって取り扱うよう心がけています。
部品の取り扱いの有無は機種ごとに異なりますので、くわしくは「保守部品保有期間」をご覧ください。


4. 第三者への譲渡もサポート

お客様が何らかの事情で「KitMill」をどなたかに譲渡される場合も、できる限りのサポートを行います。譲渡先の方に「マニュアル閲覧権」をご購入いただくことで、製品マニュアルを閲覧したり、保守部品を購入したりといったサポートの提供が可能になります。
くわしくは「マニュアル閲覧権」をご覧ください。


5. 消耗品や保守部品のほとんどを即日発送

お手元の「KitMill」を安心して長くお使いいただくため、消耗品や保守部品のほとんどを即日発送でお届けできる体制を整えています。商品をカートに入れていただきますと発送予定日が表示されますので、ご確認ください。


6. 日本製への誇りとこだわり

「KitMill」に使用している部品は、ほとんどが日本製です。その理由は、日本製ならではの高品質と美しさ。ごく一部の製品は海外で生産しているものの、性能や外観に関係のない部分に限定するように心がけています。
日本人の作るものは、質も高く、見た目にも美しい――。とくに鋳物では、その差は歴然です。私たちはこれからも、「Made in Japan」 にこだわり続けます。


7. 丁寧でわかりやすいマニュアル

「KitMill」シリーズのすべての機種において、丁寧でわかりやすいマニュアル作りを心がけています。
マニュアルは製品を購入されたお客様のみが閲覧可能ですが、一部公開しているマニュアルもあります。購入前にマニュアルの内容をご覧になりたい場合は、下記リンクよりご確認ください。


加工に必要な5つのもの

1.「KitMill」本体

「KitMill」シリーズの機種にはそれぞれ、得意分野や加工にまつわる特長があります。例えば、静音性で選ぶなら「KitMill Qt100」、鉄を削りたいなら「KitMill AST200」など。用途に合わせた製品をお選びください。

2. PC

「CNC(Computer Numerical Control)/コンピュータ数値制御」という名前のとおり、「KitMill」シリーズはコンピュータから操作を行う工作機械です。接続用のUSBポートを備え、動作環境を満たしたPCをご用意ください。

3. CADソフト

CADとは、図面を描いて部品を設計するソフトウェアのこと。平面図を描く2DCADと、立体的なモデリングができる3DCADがあります。用途に合わせたものをご用意ください。

4. CAMソフト

CAMとは、CADデータを元にNCプログラムを作製するソフトウェアのこと。NCプログラムとは、「KitMill」をどのように動かすかを指示する制御プログラムのことです。

5. エンドミル

エンドミルとは、CNCに取り付ける回転式の切削工具のこと。キットには含まれていませんので、用途に合わせたものを別途ご購入ください。その際、「KitMill」の対応シャンク径と、エンドミルのシャンク径が同じかどうかを必ずご確認ください。

工作の手順

1. 設計

製作する部品を設計します。
設計にはCADソフトウェアを使用します。
2DCADの場合はDXFファイルを、3DCADの場合はSTLファイルを出力します。

※ CADは当社で取り扱っておりませんので、用途に合わせたものを別途ご用意ください。

2. NCプログラム作成

CAMソフトウェアを使用して、CADデータを元にNCプログラムを作成します。

※ CAMはキットに含まれておりませんので、用途に合わせたものを別途ご用意ください。こちらのページからご購入いただけます。

3. 切削

NCプログラムを付属の制御用ソフトウェア(USBCNCV4)に読み込ませて、切削加工を開始します。

4. 完成

「KitMill」の動作が終了後、バリをとって完成です。

1. 設計

製作する部品を設計します。
設計にはCADソフトウェアを使用します。
2DCADの場合はDXFファイルを、3DCADの場合はSTLファイルを出力します。
(※CADは当社で取り扱っておりませんので、用途に合わせたものを別途ご用意ください)

2. NCプログラム作成

CAMソフトウェアを使用して、CADデータを元にNCプログラムを作成します。
(※CAMはキットに含まれておりませんので、用途に合わせたものを別途ご用意ください。こちらのページからご購入いただけます)

3. 切削

NCプログラムを付属の制御用ソフトウェア(USBCNCV4 に読み込ませて、切削加工を開始します。

4. 完成

「KitMill」の動作が終了後、バリをとって完成です。

「KitMill」おすすめ小物コーナー

機械組立用

税込 11,720

税込 1,080 円~

切削工具類

税込 4,380

税込 1,580 円~

税込 2,870 円~

税込 2,980

切削用材料

税込 250 円~

税込 410 円~

税込 1,450 円~

税込 170 円~

バリ取り工具

税込 2,040 円~

税込 1,250

税込 2,200

他関連物

税込 850

「KitMill」おすすめ小物コーナー

機械組立用

税込 11,720

税込 1,080 円~

切削工具類

税込 4,380

税込 1,580 円~

税込 2,870 円~

税込 2,980

切削用材料

税込 250 円~

税込 410 円~

税込 1,450 円~

税込 170 円~

バリ取り工具

税込 2,040 円~

税込 1,250

税込 2,200

他関連物

税込 850

「KitMill」おすすめ小物コーナー

機械組立用

税込 11,720

税込 1,080 円~

切削工具類

税込 4,380

税込 1,580 円~

税込 2,870 円~

税込 2,980

切削用材料

税込 250 円~

税込 410 円~

税込 1,450 円~

税込 170 円~

バリ取り工具

税込 2,040 円~

税込 1,250

税込 2,200

他関連物

税込 850

参考情報

「KitMill」シリーズについて

「KitMill」シリーズの性能比較、3Dプリンタとの違いなどをご紹介

「KitMill」モデル比較

「KitMill」シリーズの全モデルの仕様を比較できます

「KitMill」の使い方

KitMill CL100を例に「KitMill」の加工の手順をご紹介

「KitMill」シリーズ保証規定

「KitMill」シリーズの保証やサポート内容へ

当社オリジナル製品を利用できるFabスペース一覧

当社オリジナル製品が設置されている日本全国のFabスペース一覧

CAMソフトウェア比較

CAMソフトウェアとは、CADソフトウェアで書いた図面データを元にNCプログラム(「KitMill」をどのように動かすかを指示するプログラム)を制作するソフトウェアのこと。
当社取り扱いのCAMソフトウェアは、以下の3種類に分類できます。

3DCADデータを使用するもの

  • Cut3D
  • VCarve
  • MeshCAM V8
  • Fusion360

CADデータを使用しないもの

  • PhotoVCarve
  • Gearotic Motion

2DCADデータを使用するもの

2DCADで作成したファイルなどを読み込み、NCプログラムを作成するソフトウェアで、一般的には2DCAMと呼ばれます(DXFはほとんどの2DCADが出力できるファイル形式です)。基本的には平面の切り抜き加工を想定していますが、2.5次元的な形状をサポートするものもあります。

Cut2D

切り抜き加工だけでなく、ポケット加工もサポートしています。切り抜きの際に部品をタブで保持できるため、両面テープを大量に貼り付ける必要がありません。切削シュミレータが組み込まれているため、NCプログラムの確認と修正をスピーディに行うことができます。ロボット部品の製作におすすめです。

VCarve

2Dデータと3Dデータの両方に対応しています。基本的には「Cut2D」と同様の操作感ですが、「Cut2D」では対応していない彫刻や表札なども製作することができます。木工やロボットの部品製作など、多くの要望に応えるソフトです。

価格 (税込) 19,800 円~ 43,800 円~
切り抜き加工
タブ加工
ポケット加工
彫刻
図形の描画
切削シミュレータ
読み込み可能な2Dベクタファイル DXF, DWG, EPS,
AI, PDF, SKP
DXF, DWG, EPS,
AI, PDF, SKP
読み込み可能な画像ファイル BMP, JPG, GIF,
TIF, PNG
BMP, JPG, GIF,
TIF, PNG
読み込み可能なCAMファイル CRV, PVC, V3D, V3M CRV, PVC, V3D, V3M
対応OS Windows
Vista, 7, 8, 10
Windows
Vista, 7, 8, 10
送付品 なし なし
オンラインマニュアル
(※1)
体験版制限 サンプルファイルのみ出力可 サンプルファイルのみ出力可
製造 Vectric Vectric

(※1)「Cut2D」のオンラインマニュアルが閲覧可能です。

3DCADデータを使用するもの

3DCADで作成したSTLファイルなどを読み込み、NCプログラムを作成するソフトウェアで、一般的には3DCAMと呼ばれます(STLはほとんどの3DCADが出力できるファイル形式です)。2DCAMが対応していない、3次元的な加工を行うことができます。

Cut3D

7つの工程を段階を追って進めていく操作方法を採用。各工程ごとに設定結果を確認でき、わかりやすい操作画面となっています。3DCAMを初めて使用される方は、「Cut3D」で感覚をつかんでから「MeshCAM V8」(下記)を使用してみるのがよいと思います。

VCarve

3D加工に関して、「Cut3D」と同様の加工を行うことができます(設定の工程は異なります)。2DCAMの機能も兼ね備えているため、3Dモデルに対してポケット加工や切り抜き加工を行うことができますが、機能が多いぶん「Cut3D」よりも操作が複雑です。3DCAMとして使用するというよりは、レリーフを作成するために3DCAMの機能が加えられたという印象です。

MeshCAM V8

パラレル仕上げ、等高線仕上げ、ペンシル仕上げに対応しており、加工面をきれいに仕上げることができます。等高線仕上げ、ペンシル仕上げは「Cut3D」ではサポートしていない加工方法で、モデルの側面を「Cut3D」よりも美しく仕上げることができます。低価格ながら質の高いソフトです。

FUSION 360

2Dと3Dどちらにも対応している無料のソフトウェア(※)で、老舗CADメーカーAutodesk社のソフトウェアだけに安心感があります。CAD/CAMを統一でき、データの受け渡しの手間がなく、スムーズに作業を行うことができます。ここで挙げたソフトウェアの中でも最も多くのCAM機能を備えていますが、設定する項目が多く難易度は高めです。

(※)個人、スタートアップ、教育関係者は無料で使用することができます。くわしくはこちらをご確認ください。

価格(税込) 40,800 円 43,800 円~ 27,800 円 無料~
(※1)
パラレル仕上げ
高等線仕上げ × ×
ペンシル仕上げ × ×
タブ加工
多面加工
(※2)
スキャロップ加工 × × ×
負荷制御加 × × ×
モデルの分割
A軸 × ×
(※3)

(※4)
B軸 × × ×
(※4)
切削シミュレータ ×
(※5)
読み込み可能な2Dファイル DXF DXF DXF DWG, DXF
読み込み可能な3Dファイル STL, V3M,
3DS, ASC,
PRJ, X, LWO,
TXT, SBP,
WRI, OBJ
STL, V3M,
3DM, SKP,
3DS, ASC,
PRJ, X, LWO,
WRL, OBJ
STL 詳しくはこちら
読み込み可能な画像ファイル × BMP, JPG,
GIF, TIF, PNG
BMP, JPG,
PNG, TIF
×
読み込み可能なCAMファイル V3D, V3M CRV, PVC,
V3D, V3M
MCF Cam360
対応OS Windows
XP(SP3),
Vista,7, 8, 10
Windows
Vista, 7, 8, 10
Windows
Vista,7, 8, 10(64bit)

Macs OSX
10.14以降
Windows-64bit
7(SP1)8.1 10

Mac OS
詳しくはこちら
送付品 USBメモリ なし メールにて
ライセンスを
送付
なし
オンラインマニュアル
(※6)
なし なし
体験版制限 サンプル
ファイル
のみ出力可
サンプル
ファイル
のみ出力可
日数制限 日数制限
製造 Vectric Vectric GRZ Software Autodesk

(※1)スタートアップ、個人、教育関係者は無料でご利用になれます。くわしくはこちら
(※2)上下面のみの対応です。
(※3)同時4軸加工は一部対応しています。通常は設定した角度ごとに3軸加工を繰り返して加工します。
(※4)同時5軸加工は一部対応しています。通常は設定した角度ごとに3軸加工を繰り返して加工します。
(※5)経路の確認のみ対応しています。
(※6)「Cut2D」のオンラインマニュアルが閲覧可能です。

CADデータを使用しないもの

CAMソフトウェアの中でも、CADソフトウェアを使用せずにNCプログラムを作成できるものをご紹介します。

PhotoVCarve

画像を元に、リトフェイン加工のNCプログラムを出力します。切削する深さでグラデーションを表現しており、画面上で裏から光を当てると透過度の違いにより読み込んだ画像(白黒)が現れます。

Gearotic Motion

平歯車、かさ歯車、ガンギ車など、非常に多くの種類の歯車を設計することができ、CADデータを出力します。また、NCプログラムの出力も可能で、単純に切り抜くだけなら別途CAMを購入する必要もありません。