ものづり文化展について

私たちには今、生きるために必要なものは充分に揃っている。しかし、何のために生きるのか。どんな意味があるのか。それに答えてくれるものが何もない。

私たち小さなつくり手に求められているのは、それに答えるような文化的豊かさを感じさせるものを生み出すことではないか。

ものづくり文化展は、文化的豊かさを生み出すつくり手を募り、審査を通じて、人類社会の新たな豊かさの発見と創造をめざします。

全体のスケジュール

募集期間

審査会

結果発表

2021年9月1日(水)―
2021年11月30日(火)
24:00

2021年12月中旬予定

2022年3月上旬予定

募集対象作品

  • メカトロニクス機器を使用している作品
  • メカトロニクス機器が内蔵されている工作機械(CNCや3Dプリンター)を使用して製作した作品
  • 自作工作機械、及び、各社工作機械の改造例
  • 個人または個人事業者の方が製作した作品

※発表済みの作品または、販売済みの製品でも応募可能です。
※設計図やCADデータのみの投稿はご遠慮ください。

応募方法

下記のものをご準備のうえ、応募フォームよりご応募ください。
応募料:無料

  • 作品の説明テキスト
  • メイン写真 1枚
  • サブ写真 5枚まで
  • 作品紹介動画URL

※必須
※必須

※任意
※任意

※画像形式: JPEG、GIF、PNG(1枚あたり3MBあたりが目安です)
※動画を非公開にする場合、閲覧に必要なパスワードも併せて記⼊してください。
※「メカトロライフ」からの作品募集は受け付けておりませんのでご注意ください。

審査員紹介

土佐 信道

明和電機 代表取締役社長

芸術ユニット「明和電機」をプロデュース。青い作業服を着用し作品を「製品」、ライブを「製品デモンストレーション」と呼ぶなど、日本の高度経済成長を支えた中小企業のスタイルで、様々なナンセンスマシーンを開発しライブや展覧会、商品開発など、国内のみならず広く海外でも発表。音符の形の電子楽器「オタマトーン」など制作多数。

中村 一

株式会社オリジナルマインド社長

1997年、オリジナルマインドを創業。創業以来20年間一貫して個人のお客様向けにメカトロニクス関連の部品や組み立てキットを提供し続け、今日に至る。デスクトップ型CNCフライス「KitMillシリーズ」を主力製品とし、最近では卓上折り曲げ機や手動射出成形機など、幅広い製品を次々に生み出し、個人のものづくりの可能性を広げている。

賞の構成

最優秀賞(1点)

賞状/賞金10万円

優秀賞(1点)

賞状/賞金5万円

審査員賞(若干点)

賞状/賞金5万円

入選(若干点)

賞状/賞金1万円

最優秀賞(1点)

賞状/賞金10万円

優秀賞(1点)

賞状/賞金5万円

審査員賞(若干点)

賞状/賞金5万円

入選(若干点)

賞状/賞金1万円

2020年度 第10回 ものづり文化展 受賞作品

最優秀賞

Parity Violation 2

制作者:小山 篤

優秀賞

秩序ある無秩序

制作者:鈴木 完吾

土佐信道賞

モビリティで絵を描こう「Rundraw」

制作者:小林 竜太

中村一賞

風のうたよみ

制作者:MATHRAX

入選

3D DEKO PROJECT

制作者:寺田 天志

自家製射出成形機

制作者:高島 幸宏

最強のピザカッター

制作者:なんとか重工

※サイトリニューアルに伴い、2018年度 第8回以前の受賞作品は非表示とさせていただいております。