手動射出成形機 INARI

量産力をすべてのつくり手へ射出成形の革命機。

新たな設計思想のもとに誕生した、手動式卓上射出成形機の組み立てキット。小規模生産には向かないとされてきた射出成形。そのあり方を根本から見直し、机の上でも使える小型の射出成形機を独自開発。横置き型のデザインを採用することで、材料の変色を抑えながらスムーズなペレット供給が可能に。使いやすさとともに型の劣化も防ぐなど、まったく新しい構造の手動式卓上射出成形機が完成した。

射出成形とは

溶かしたプラスチックを型へ押し込み、型に沿った形状にプラスチックを成形する工法のこと。他の工法と比べ、成形時間が短いことから大量生産に向いており、家電製品の外装からプラモデルまで、身近なプラスチック製品の大半に採用されている。しかし、成形機は業務用の大型かつ高価なものが一般的で、ロット数やコストなどの制約上、小規模なものづくりに用いるのは難しいとされてきた。

開発ポイント

画期的な射出構造を実現

一般的な射出成形機は、溶けたペレットにプレスシャフト(押し出し棒)を直接接触させて押し出す構造。これに対して「INARI」では、溶けていないペレットを介して溶けたペレットを押し出す独自の構造を開発。
この方式により、プレスシャフトに材料が絡みつくのを予防するほか、溶けたペレットと空気中の酸素を隔離することで材料の変色を防ぐこともできる。射出成形の構造から見直すことで、高いメンテナンス性と機能性を実現した。

型への負担を軽減する設計

一般的な手動射出成形機は、成形時にシリンダーを型に押し付けながら材料を注入する。この方式はプレスシャフトを押す力がシリンダーを介して型へ直接伝わるため、型に変形や破損が起こる可能性が高い。

これに対して「INARI」では、成形時に「型を押し付ける力」と「材料を押す力」が分離されるよう、新たな構造を採用。さらに型とシリンダー先端との接触面が大きくなるように考慮し、型への負担を軽減することに成功した。

横置き型デザインでペレット供給もスマート

本体を横向きにすることで、ペレット供給時にプレスシャフトやフレームが邪魔にならないデザインを採用。これにより、ペレットを供給する際にシリンダーやプレスシャフトの位置を動かさずに済み、供給後の位置調整も不要に。供給口が高温にならない設計のため、供給時にペレットが溶けて付着する心配も払拭された。

型の位置合わせもクイックに完了

シリンダー先端の切欠きマークを目印に、上下方向、左右方向に動くガイドをそれぞれ調整することで、型の位置合わせがスムーズに完了。同じ型であれば成形のたびに位置調整をする必要もなく、より短時間でより多くの部品を量産することができる。

※ 左右方向の位置合わせガイドはオプション品です。

Engineer : Hidetoshi Gomi
Editor : Keita Fukasawa
Photographer : Kota Sugawara


寸法図

外形寸法

シリンダー寸法

形状による制約

製品構成

加工機本体

耐熱手袋

その他、ご用意いただくものについてはこちらをご覧ください。

仕様


成形実績のある素材


成形実績のある素材

PS・PP・ABS・POM・PA6・PE・TPE


最大押出量


最大押出量

6cc


加熱温度上限


加熱温度上限

270°C


加圧能力


加圧能力

入力に対して理論上10~17倍


取付可能な型のサイズ


取付可能な型のサイズ

厚さ70mm以下、高さ91mm以下 横のサイズは制限なし


重量


重量

6kg


電源


電源

AC100V 50/60Hz


消費電力


消費電力

200W


外形寸法


外形寸法

W:552.5mm
D:487.8mm
H:513.8mm


注意事項

  • ページトップの製品写真には、オプション品の位置合わせガイドが取り付けられています。オプション品は標準では付属しておりませんので、必要な場合は別途ご購入ください。
  • 改良のため、製品の仕様や外観は予告なく変更される場合があります。
  • 実用新案登録済

「INARI」の使い方

身近なプラスチック製品の大半に採用されながら、コストなどの面で小規模なものづくりには不向きだといわれてきた射出成形。「INARI」は、その射出成形機の構造を一から見直し、机の上でも使えるように開発された小型の手動式卓上射出成形機。自宅でも簡単かつスマートに射出成形を楽しむことができる、「INARI」の使い方をご紹介します。

用意するもの

■ 型の用意

■ 型の用意

型は「KitMill」で自作するほか、3D造形サービスなどでも作成を依頼することができます。

「KitMill」で自作する
KitMill」を使えば、高精度で繰り返し使える型を短期間で作成でき、試行錯誤によって型の完成度を高めていくことが可能です。

型の作成を依頼する
「DMM.make」の3D造形サービス「DMM.make 3D PRINT」を利用すれば、3Dデータをアップロードするだけで、簡単に型の作成を依頼することが可能です。

1. 位置合わせガイドの調整

型の穴とシリンダーの穴の位置が合うよう、位置合わせガイドを調整します。
シリンダー先端にある切欠きマークを目印に、上下方向、左右方向に動くガイドをそれぞれ調整することで簡単に型の穴とシリンダー穴の位置合わせができます。

※ 本製品に付属のガイドは上下方向のみです。左右方向に動くガイドを使用するには、オプション品の位置合わせガイドをご購入いただく必要があります。

2. ペレットの充填

ペレット供給口からペレットを入れ、ハンドルを操作してペレットをシリンダー内部へ押し込みます。この作業を数回繰り返すことでペレットを充填します。
ペレットが溜まってくると、充填されたペレットが圧縮され、ハンドルを押し込めなくなります。
この時のハンドルの角度で充填率を確認します。

充填率     0% ハンドルが -7度
充填率   50% ハンドルが45度
充填率 100% ハンドルが90度(ハンドルがほぼ垂直)

体積4cc以下の成形であれば、ハンドルを押しやすい充填率50%(ハンドル角度45度)がオススメです。

成形実績のあるペレットの材質については、こちらからご覧ください。

3. シリンダーの加熱

シリンダーを加熱し、シリンダー内部のペレットを溶かします。
設定温度はペレットの材質によって異なりますが、PP(プリプロピレン)、PE(ポリエチレン)で230℃、PS(ポリスチレン)で240℃程度が目安です。

ハンドルを倒してノズル先端から融けたペレットが出てくれば準備完了です。
出てきた樹脂は型を取り付ける前に取り除きます。

4. 型の取り付け

本体に型を取り付けて固定します。
加熱したシリンダーや型は高温になるため、必ず耐熱手袋を着用して作業を行います。

5. 射出

ハンドルを倒して、型に材料を射出します。
ハンドルをそれ以上押し込めなくなった後も、少し力を緩めて軽い力で3~5秒ほど押し続けます。
十分に材料が充填されたら、型を本体から取り外します。
射出後の型は高温になっているため、耐熱手袋を着用して作業を行います。

6. 完成

型から成形物を取り外し、不要部分を切り離して完成です。


加工サンプル

加工条件

成形素材 PP / CF(炭素繊維30%)
成形品体積 3.0cc
■ 金型
金型素材 A2017(ジュラルミン)
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
加工機 KitMill AST200
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
CAD Fusion360
CAM Fusion360
加工時間 約390分(凹型)
約418分(凸型)

加工条件

成形素材 PP / CF(炭素繊維10%)
成形品体積 3.0cc
■ 金型
金型素材 A2017(ジュラルミン)
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
加工機 KitMill AST200
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
CAD Fusion360
CAM Fusion360
加工時間 約390分(凹型)
約418分(凸型)

加工条件

成形素材 PP(黒)
成形品体積 3.0cc
■ 金型
金型素材 A2017(ジュラルミン)
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
加工機 KitMill AST200
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
CAD Fusion360
CAM Fusion360
加工時間 約390分(凹型)
約418分(凸型)

加工条件

成形素材 PS(透明)
成形品体積 3.0cc
■ 金型
金型素材 A2017(ジュラルミン)
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
加工機 KitMill AST200
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
CAD Fusion360
CAM Fusion360
加工時間 約390分(凹型)
約418分(凸型)

加工条件

成形素材 PE(白)
成形品体積 3.0cc
■ 金型
金型素材 A2017(ジュラルミン)
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
加工機 KitMill AST200
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
CAD Fusion360
CAM Fusion360
加工時間 約390分(凹型)
約418分(凸型)

加工条件

成形素材 TPE(半透明 A44)
成形品体積 3.0cc
■ 金型
金型素材 A2017(ジュラルミン)
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
加工機 KitMill AST200
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
CAD Fusion360
CAM Fusion360
加工時間 約390分(凹型)
約418分(凸型)

加工条件

成形素材 TPE(半透明 A15)
成形品体積 3.0cc
■ 金型
金型素材 A2017(ジュラルミン)
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
加工機 KitMill AST200
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
CAD Fusion360
CAM Fusion360
加工時間 約390分(凹型)
約418分(凸型)

加工条件

成形素材 PP / CF(炭素繊維30%)
成形品体積 3.0cc
■ 金型
金型素材 A2017(ジュラルミン)
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
加工機 KitMill AST200
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
CAD Fusion360
CAM Fusion360
加工時間 約390分(凹型)
約418分(凸型)

加工条件

成形素材 PP / CF(炭素繊維10%)
成形品体積 3.0cc
■ 金型
金型素材 A2017(ジュラルミン)
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
加工機 KitMill AST200
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
CAD Fusion360
CAM Fusion360
加工時間 約390分(凹型)
約418分(凸型)

加工条件

成形素材 PP(黒)
成形品体積 3.0cc
■ 金型
金型素材 A2017(ジュラルミン)
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
加工機 KitMill AST200
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
CAD Fusion360
CAM Fusion360
加工時間 約390分(凹型)
約418分(凸型)

加工条件

成形素材 PS(透明)
成形品体積 3.0cc
■ 金型
金型素材 A2017(ジュラルミン)
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
加工機 KitMill AST200
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
CAD Fusion360
CAM Fusion360
加工時間 約390分(凹型)
約418分(凸型)

加工条件

成形素材 PE(白)
成形品体積 3.0cc
■ 金型
金型素材 A2017(ジュラルミン)
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
加工機 KitMill AST200
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
CAD Fusion360
CAM Fusion360
加工時間 約390分(凹型)
約418分(凸型)

加工条件

成形素材 TPE(半透明 A44)
成形品体積 3.0cc
■ 金型
金型素材 A2017(ジュラルミン)
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
加工機 KitMill AST200
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
CAD Fusion360
CAM Fusion360
加工時間 約390分(凹型)
約418分(凸型)

加工条件

成形素材 TPE(半透明 A15)
成形品体積 3.0cc
■ 金型
金型素材 A2017(ジュラルミン)
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
加工機 KitMill AST200
金型サイズ t12 × 120 × 100mm
CAD Fusion360
CAM Fusion360
加工時間 約390分(凹型)
約418分(凸型)

成形サンプル取り寄せについて

INARIの成形サンプルをお取り寄せいただけます。実際に手にとってお確かめください。
以下より成形サンプルお取り寄せの旨をご連絡ください。

  • お一人様1個限りとさせていただきます。
  • サンプルの種類をお選びいただくことはできません。
  • 無くなり次第終了とさせていただきます。
  • 送料無料。

キットの組み立てに必要な工具類


六角レンチ

2面幅2、2.5、3mmのものが必要です。(商品ページへ


+ドライバ

No.1が1本、No.2が2本必要です。


プライヤー

オプションの断熱プレートを組み立てる際に必要です。また、型から成形品を引き抜くときや、シリンダー内の樹脂を廃棄する際に便利です。(商品ページへ


成形に必要なもの


型は「KitMill」で自作するほか、3D造形サービスなどでも作成を依頼することができます。

■「KitMill」で自作する
KitMill」を使えば、高精度で繰り返し使える型を短期間で作成でき、試行錯誤によって型の完成度を高めていくことが可能です。

■ 型の作成を依頼する
「DMM.make」の3D造形サービス「DMM.make 3D PRINT」を利用すれば、3Dデータをアップロードするだけで、簡単に型の作成を依頼することが可能です。

テスト用の型は「DMM.make クリエイターズマーケット」で購入することも可能です。


ペレット

加工用原料となる粒状のプラスチック樹脂です。使用用途に合った特性のものをご用意ください。(商品ページへ


ニッパー

ゲートの切断や成形品の形を整える際に便利。プラスチック用ニッパーをおすすめします。
商品ページへ


カッター

型同士を引き離すときや、成形品の形を整える際に便利です。


冷却器

型やシリンダーを冷却する際に便利です。(商品ページへ
必要性とメリットは以下のとおり。

(1) 型は連続で使用すると熱が籠もり、温度によっては寸法にも影響が生じます。型を冷やすことで正確な寸法を保ちながら、連続して成形を行うことができます。

(2) シリンダー内に残った樹脂を取り除く際、シリンダーを冷やして樹脂をある程度まで固化させることで、作業を素早く行うことができます。


予熱器

型を温める際に便利です。(商品ページへ
必要性とメリットは以下のとおり。

(1) 型が冷たいと樹脂を流し込めない場合があります。金属型であれば型を温めることで樹脂が固まるのを抑え、型へのスムーズな注入を可能にします。
(※予熱器がなくても、型を成形機のシリンダーへ押し付けることで型を温めることは可能ですが、予熱器を使えば正確な温度で型を予熱できるため、成形の再現性が高まります)

(2) 金属型から樹脂を取り外せなくなった場合に、型を温め、樹脂を柔らかくすることで除去を可能にします。
(※状況によって、必ずしも取り外せるようになるわけではありません)