Sample Collection / KitMill スマートでポータビリティに優れた、センサーチェッカー。

KitMill・MAGEMAGE・アルマイトキット彩を使用して、ポータブルセンサーチェッカーを製作しました。インレイ加工を施した、遊び心のあるセンサーチェッカーです。

ランプ部分はインレイ加工でロゴをあしらい、遊び心を。

チェック時に点灯するランプ部分は、アルミとPOMのインレイ加工で仕上げました。単調な作業も心なしかはかどります。

ポリアセタール板(POM)

POMは引張強度と耐衝撃性を兼ね備えたエンジニアリングプラスチックです。切削性の良好な樹脂で、切削熱によって溶けることもほとんどありません。

実用性とデザイン性を兼ね備えた、鈍角加工。

持ち運び時の肌当たりを柔らかくするため、MAGEMAGEで鈍角曲げを施しました。角を落としたデザインにすることで、全体の印象もよりスマートに。

漆黒で引き締める、アルマイト加工。

製作し終わった材料にアルマイト加工を施しました。漆黒がセンサーチェッカーの輪郭をぐっと引き締めます。またアルマイト時に生成された酸化皮膜が腐食や汚れからツールを守るため、気兼ねなく使用することができます。

関連記事

【Cut2D】「KitMill」用NCプログラムの作成方法

「Cut2D」を用いた「KitMill」で使用できるNCプログラムの作成方法をご紹介します。

【技術解説】「KitMill」の使い方

自分で組み立てられるキット式のデスクトップ型CNCフライス「KitMill」シリーズの使い方。こちらでは見本として「KitMill CL100」を用いて、アルミ板を切削加工する場合の流れをご紹介します。

【わがままに作るケース】#01 板金加工機「GOIGOI」「MAGEMAGE」を使ったアンプケースの制作

見本としてアンプケースを作例に、「GOIGOI」「MAGEMAGE」「アルマイトキット 彩」を使った加工方法をご紹介します。

【技術解説】アルマイト加工の方法

アルマイト処理を行うことで耐食性・耐摩耗性が向上し、定着性の高い染色処理が可能です。こちらではアルマイト処理の流れをご紹介します。