2020.09.12
2020.09.12

【PhotoVCarve】「KitMill」用NCプログラムの作成方法

ご注意

この項目は紹介用に作成したものです。
PhotoVCarveは当社で作成したものではないため、ソフトウェアのサポートやこの記事による不都合が生じても責任を負いかねます。
また、ソフトウェアの画面はバージョンアップ等で変更される場合があります。
あらかじめご了承いただきますよう、お願いいたします。

PhotoVCarveによるNCプログラム生成

■ 画像データの用意

ここではJPGファイルを使います。
今回使用した画像データは以下よりダウンロードできます。

■ PhotoVCarveの起動

「スタート」→「すべてのプログラム」→「PhotoVCarve」をクリックして PhotoVCarveを起動します。

■ 画像データの読み込み

「Load Image..」ボタンをクリックして、先程の 画像を読み込みます。
下図のように表示されているか確認してください。

■ 画面の説明

設定の変更等で対応する部分が変化するので、その都度確認してください。

画面の操作

  • ドラッグで回転
  • Ctrlを押下しながらドラッグで平行移動
  • ホイールで拡大縮小

■ 切削範囲の設定

背景(黒色の部分)を切削しないように設定します。
チェックボックス「Make color transparent」にチェックを入れカーソルで背景(黒色の部分)をクリックします。

下図のように背景が透明になっているか確認します。確認後、「Set Material Size」ボタンをクリックします。

■ 材料のサイズ設定

以下のようにサイズを指定します。Width(X)、Height(Y)のどちらか片方を入力すると画像データの比率に合わせてもう片方が自動で変化します。
編集後、「Apply」ボタンをクリックしてから、「Set Cutting Parameters」ボタンをクリックします。

■ ツールパスの生成

まず「Select」ボタンをクリックしてエンドミルの設定を行います。

Tool Database画面で「New」ボタンをクリックしてTool TypeはBall Noseを選択します。

下図のように数値を入力します。
今回は、R0.5刃長2.5のボールエンドミルを使用する想定で設定を行っています。編集後、「Apply」ボタンをクリックしてから、「OK」ボタンをクリックします。
※このとき単位がmm/minになっている事を確認してください。

下図のように数値を変更します。
このとき「Invert light / dark areas」にチェックされているか確認してください。「Calculate」ボタンをクリックして NCプログラムを算出します。算出には時間がかかるのでしばらくお待ちください。

NCプログラム算出後、下図のように表示されているか確認してください。画像の白い部分ほど深く、黒い部分ほど浅く切削されています。
もし反転してしまっている場合は、「Invert light / dark areas」にチェックされているか確認してください。

■ NCプログラムの保存

ホストプロセッサは、USBCNC(mm)を選択して下さい。
最後に「Save Toolpaths」ボタンをクリックしNCデータを保存すれば完了です。

関連記事

【技術解説】「KitMill」の使い方

自分で組み立てられる、キット式のデスクトップ型CNCフライス「KitMill」シリーズの使い方を、「KitMill CL100」を例にご紹介しています。

おすすめ商品

税込 198,000 円〜
税込 248,000 円〜
税込 428,000 円〜