ホーム > オリジナル製品 > アルマイトキット 彩

このエントリーをはてなブックマークに追加
アルマイトキット 彩 売れてます

ご注文はこちらオプション品の購入はこちら

返品・交換・キャンセルなどの保証については、こちらをご確認ください。

  • 概要と特長
  • アルマイトとは
  • アルマイト作品
  • 仕様
  • ご用意
    いただくもの
  • 使用方法

彩はアルマイトを個人で行うためのキットです。別売りの染料を使うことで、色鮮やかなカラーアルマイトを行うことも可能です。

個人の限界に挑戦

普通は工場の専用設備により行われるアルマイトですが、個人でアルマイトを行うには、まず法律上の問題があります。陽極酸化に使う電解液は通常希硫酸が使われますが、個人である以上、法律上問題のない濃度の希硫酸である必要があります。
本製品ではそうした制約下でも添加剤の工夫により、確実にアルマイトを行える電解液を開発しました。
また、導入可能な最低限の設備ながらも、可能な限りプロの設備に近い条件を実現するように製品構成を工夫してあります。

▲電解液

色鮮やかなカラーアルマイト

彩では別売りの染料槽と染料を使うことで、アルミ材に着色をすることが可能です。金属の質感をそのままに、作品の表現の幅を広げることができます。
限られた設備環境の中でも美しく染色可能なよう、海外製の高級染料を使用しています。一般的な染料に比べて耐候性も段違いです。

容量たっぷり8リットル

A4サイズのアルミ板もすっぽり入る大型容器でアルマイトを行います。
電解液や染料はオプション品として買い足し可能なので、容器を自分で用意すれば更に大きい部品も処理可能です。
(面積が大きくなると電源装置の容量が不足する場合があります)

▲陽極酸化槽

KitMillと組み合わせて無限大の可能性

当社製品KitMillにて加工したアルミ部品を着色アルマイトとしたり、そこからさらに彫刻を入れたり。表札やキーホルダーなどのオリジナルグッズをはじめとして、表現の幅が無限に広がります。

▲KitMillと組み合わせたアルマイト品

希硫酸内でアルミを陽極として水の電気分解を行い、アルミ表面に酸化皮膜(アルミナ)を生成させる処理のことです。アルマイト処理を行うことで、耐食性、耐摩耗性が向上します。
また、酸化皮膜は微細孔をもつので、そこに染料を吸着させることで定着性の高い着色処理が可能です。

アルマイト処理の工程


1. 洗浄

中性洗剤などで汚れ、油脂を確実に落とします。



2. 陽極酸化 [30分]

希硫酸中で電流を流し、酸化皮膜を生成させます。



2.5. 着色 [30分](白アルマイトの場合はこの工程を省きます)

染料を溶かしたお湯の中で染色します。



3. 封孔 [15分]

90°Cの封孔剤に投入し、酸化皮膜に発生した微細孔を塞ぎます。

色見本

カラーアルマイトの色見本です。アルマイトの条件により、色の濃さは異なることがあります。(材質:A5052)

ゴールド レッド ブルー
ゴールド レッド ブルー
グリーン バイオレット ブラック
グリーン バイオレット ブラック
ピンク
ピンク

お客様の作品

実際に「アルマイトキット 彩」を使用しているお客様の作品です。

前川 一敏様の作品

わくわく教官様の作品

DMM.make AKIBA様の作品
DMM.make AKIBA様では様々なワークショップが開催されております。詳しくはこちらをご覧下さい。

仕様

項目
処理可能寸法 210mm(W) x 300mm(D) x 100mm(H)
電源 12VDC30A
処理可能面積 100000mm2まで可
処理可能アルミ材質 A1000系、A5000系、A6000系
※本製品でA2000系、A7000系にアルマイト処理すると
緑がかったり、斑点がついたりします。

廃液処分について

電解液、封孔液、染色液は劇毒物ではありませんので、下記の手順にてご家庭で処分できます。

  • 電解液
    水で4倍以上に薄めて排水口に流してください。
    重曹をすこしずつ入れて中和させておくとより安全です。
    ※重層を一度に大量に入れると発泡、発熱して危険です。ご注意ください。
  • 封孔液
    水で4倍以上に薄めて排水口に流してください。
  • 染色液
    市販の塩素系漂白剤にて脱色してから排水口に流してください。

ご用意いただくものをリストアップしました。ご購入前のチェック表としてもご利用ください。

項目 内容
ガスコンロ 封孔処理で封孔剤を煮沸させるのに必要です。
鍋が対応していれば電気コンロでも問題ありません。
ステンレス製鍋 封孔処理槽として必要になります。ホーロー製が最適です。
ニッパー アルミ線を切断するのに必要です。
染料、染色槽 染料、染料層はキットに含まれていません。オプション品から必要なものをご購入ください。
白アルマイトの場合は不要です。
中性洗剤 アルマイト処理をするアルミ材を洗浄するのに使用します。
新聞紙 薬品の飛散防止に使用します。
ゴム手袋 安全のために必要です。
保護メガネ 安全のために必要です。
重曹 電解液をこぼした時や処分する時に使用します。
塩素系漂白剤 染料を処分する時に使用します。

取扱説明書


参考情報

素材について

  • インサートやリベットなどの異種金属は硫酸に溶け出して電解液の寿命を短くします。
  • A2017は白い製既出物(スマット)が発生し、アルマイトがかかりません。
  • A7075も同様にスマットが発生しましたが、アルマイトがかかって薄く色がつきました。
  • 鋳物のアルミは黒ずみが発生するので、黒アルマイト以外は適しません。
  • 素材表面を強くこすると、アルマイト時にむらになることがあります。

洗浄について

  • 中性洗剤では油が取りきれない場合があります。有機溶剤やアルカリ性洗剤を併用すると確実です。

陽極酸化処理について

  • 電解液の温度が20°Cにて陽極酸化処理をした時、着色性が良くなります。
  • 電解液の温度が低い場合、色は薄く、皮膜強度が高くなる傾向があります。
    原理上、硫酸濃度を上げて、低温で陽極酸化処理を行ったものが硬質アルマイト処理になります。
  • 鉛板は処理中、表面に不純物が付着しますので、使用後は金属タワシ等でこすり落とすと、鉛板の延命、電解液の汚損防止になります。
  • 復数の素材を同じ色にしたい場合は、復数の素材を一緒に陽極処理すると色合いに差が生じません。

染色について

  • 最初の1分ほどで全体の濃さの半分ぐらいが染まります。
    あとはゆっくり染まっていくので、染色時間を調整することで好みの色あいにすることが可能です。
  • 染料は混ぜて中間色を作ることも可能です。
    ただし、1:1の分量で混ぜても濃いほうの色が強く出るので試行錯誤が必要です。
  • 色を薄くしたい場合、染料の濃度を下げるか、染色時間を短くします。(前者のほうが色の均一性が高い)
  • 色を濃くしたい場合、染料の濃度を上げるか、黒染料を少しだけ混ぜます。

色が付かない場合

  • アルミ線には色が付く場合
    アルミ線と素材との接触が悪い(道通不良)の可能性があります。
    この場合は、接触がガタガタにならないようにしっかりと固定すれば色が付きます。
  • アルミ線にも色が付かない場合
    この場合は、アルミ線にも電流が流れていないか、アルミ線自体に問題があります。
    もし、市販のアルミ線を使用されている場合は製品に含まれているアルミ線を使用してみてください。
    市販のアルミ線は表面処理が施されている場合がありますので、それが影響している可能性があります。
    アルミ線はオプション品からご購入いただけます。

各液の寿命に関して

  • 電解液
    電解液は使用していくうちに、アルミ成分が溶け出し徐々に濁ってきます。この濁りが白く目立ってきたら、アルマイトの色彩が悪くなるため交換の時期です。
  • 染色液
    使用する度に液体中の染料が消費されますが、その度合は極微量なので相当な量を処理できます。 それよりも、使用している水の水質や使用中の不純物混入、保存管理による影響の方が大きいです。高温多湿な環境や防カビ剤を怠ると、カビや藻のようなものが発生して品質が低下します。
    ※水道水よりも精製水を使用したほうが寿命が長くなります。
  • 封孔液
    封孔剤は使用していくうちに水分が蒸発し、濃度が増し粉吹きやツヤのない仕上げとなります。そのため、時々水で薄める必要があります。また、濁りが目立つようなったら交換の時期です。
    ※水道水よりも精製水を使用したほうが寿命が長くなります。