ホーム > オリジナル製品 > コントローラー・ドライブ基板 > TRIO

このエントリーをはてなブックマークに追加
TRIO

ご注文はこちらオプション品の購入はこちら

返品・交換・キャンセルなどの保証については、こちらをご確認ください。

  • 概要と特長
  • 仕様
    ピンアサイン表
  • ご用意
    いただくもの
  • 取扱説明書

TRIOは使いやすさを追求した、廉価版のCNC用ドライブ基板です。廉価版ながら、カレントダウン機能やスピンドルモーター過電流検出といった補助機能を内蔵しています。パソコンと接続することで本格的なCNCを簡単に、お求めになりやすい価格で実現することができます。

低価格なCNC用ドライブ基板

対応軸数を必要最低限の3軸にすることで価格を抑えました。

初心者に優しい配線

配線部分にはコネクターを多用し、面倒な配線を少なくしました。また、極性を考えないで配線できるよう工夫されていますので、安心して配線作業をおこなえます。

マイクロステップ駆動対応

マイクロステップ駆動のため、振動することなく、なめらかに動きます。加工の際に、美しい切削面を得ることができます。

わかりやすい設定方法

基板上のショートピンの入れ替えや、ボリュームを回すだけで設定を行えます。直感的に操作できる上、設定内容の確認が容易です。

外部出力3点搭載

内部にFETが実装されているため、スピンドル、クーラント、エアブローなどの機器をON/OFFすることが可能です。スピンドル駆動用のFETは、最大駆動電流が20Aと大容量で、さらに、リレー等をご用意頂ければACモーターのON/OFFも可能です。

スピンドルモーター過電流検出機能搭載

スピンドルモーターの電流を読み取り、大電流が流れた時に全出力をOFFする機能を搭載しています。安全面への配慮に加え、エンドミルが折れることを防ぐことができます。

自動カレントダウン機能

停止時の電流を抑制し、モーターの発熱を抑えます。停止時の電流(スリープ電流)は軸ごとに設定できるため、例えば、「Z軸だけ重力で落ちないよう、停止中に一定のトルクが必要」といった場合にも対応可能です。

仕様

項目 仕様
電源電圧 DC24V
接続可能なモーター ユニポーラ2相ステッピングモーター
ドライブ方式 ユニポーラ定電流駆動
ドライブ能力 最大 3A/相
56mm角、またはΦ71mmよりも大きいステッピングモーターは動作保証外です。
軸数 3軸
励磁方式 マイクロステップ
4分割、8分割、16分割
機能 マイクロステップ分割数設定
ドライブ電流設定
スリープ電流設定
スピンドル電流リミット設定
イネーブル方式設定
出力 スピンドル
AUX1
AUX2
入力 X軸リミット(または原点)
Y軸リミット(または原点)
Z軸リミット(または原点)
こちらのセンサが使用できます。
カレントダウン 自動カレントダウン
停止時の電流(スリープ電流)は軸ごとに設定可能
基板外形寸法 115mm(W) × 106mm(D) × 24mm(H)

ピンアサイン表

CN番号 名称 割付表
J1 回路 電源入力
PIN No. 信号名
In +24V
Out 0V
J2 スピンドル
電源入力
PIN No. 信号名
In +24V
Out 0V
CON4
CON5
CON6
モーター出力
CON6(X軸)
CON5(Y軸)
CON4(Z軸)
モーター出力
PIN No. 信号名
1 A
2 COM
3 \A
4 B
5 COM
6 \B

基板側コネクタ : B06B-XASK-1
差込側コネクタ : XAP-06V-1

CON8 外部出力
外部出力
PIN No. 信号名 備考
1 AUX2 クーラント、エアブローなど。
2 AUX1
3 GND

※最大駆動電流:0.5A
CON7 スピンドル
モーター
スピンドルモーター
PIN No. 信号名
1 24V
2 スピンドル出力

※最大駆動電流:10A

※モーターのかわりにリレーを接続して頂ければ、ACモーターの駆動も可能です。

J9 パソコンへ接続 パソコンのパラレルポートとはパラレルケーブル(ストレート全結線・オスDsub 25P - オスDsub 25P)で接続します。
(長さ2.0m以内を推奨。)
PIN No. LPT IN/OUT 信号名
1 STB OUT SPINDLE
2 D0 OUT X-STEP
3 D1 OUT X-DIR
4 D2 OUT Y-STEP
5 D3 OUT Y-DIR
6 D4 OUT Z-STEP
7 D5 OUT Z-DIR
8 D6 - -
9 D7 - -
10 ACK - -
11 BUSY IN LS-X
12 PEND IN LS-Y
13 SLCT IN LS-Z
14 FEED OUT AUX2
15 ERR IN EMG 注1)
16 INIT OUT AUX1
17 SELIN OUT M-ENB
18-25 GND - -
パソコンへ接続


注1)Hi:異常 Lo:正常
下記の条件で異常と判断します。(設定変更可能)
  • スピンドルモーター過電流
  • 基板の電源がOFF
パソコンへ接続
CON1
CON2
CON3
原点入力
CON3(X軸)
CON2(Y軸)
CON1(Z軸)
原点入力
PIN No. 信号名
1 +24V
2 LS
3 0V

基板側コネクタ : B03B-XASK-1
差込側コネクタ : XAP-03V-1


▼接続例(センサを使用の場合)
接続例

HP3,4
大電流供給端子
大電流供給端子

ステッピングモーターを3軸とも3Aで駆動する場合に使用する端子です。

通常使用される24V2.5A以上の電源を取り外し、24V10A以上の電源を接続してください。

※各軸2A以上で使用される場合、適切な放熱が必要になります。

ご用意いただくものをリストアップしました。ご購入前のチェック表としてもご利用ください。

CNC運転のために必要なもの

項目 内容
CNCソフトウェア CNC運転を行うために必要です。CNCソフトウェアついてはこちらをご覧ください。

本製品をご注文の前に、ご使用になるCNCソフトウェアがお手持ちのパソコンで動作するかどうか、充分にご確認をお願い申し上げます。

購入後ご覧になれるオンラインマニュアルでは、CNCソフトウェアについて基本的な機能を解説しています。ただし、CNCソフトウェアは当社で制作したものではないため、詳細な機能に関するサポートはできません。詳細な機能に関しては、製作元にお問い合わせください。
パソコン 使用するCNCソフトウェアによって、ご用意いただくパソコンの仕様が異なります。

Mach3の場合
  • デスクトップ型パソコンであること。
  • パラレルポートが搭載されていること。パラレルポートがない場合には、パラレルポート増設カードで代用可能です。
  • CPU動作周波数:1Ghz
  • メモリ容量:500MB

以下の使用方法では動作しません。

  • ノートパソコンを使用している。
  • パラレルポートがないため、USB→パラレル変換ケーブルを使用している。
USBCNCの場合
  • USB2.0ポートが搭載されていること。
  • デスクトップ型かノート型かは問いません。
  • CPU動作周波数:1.4Ghz
  • メモリ容量:1GB

キットの組立に必要な工具類

項目 内容
+ドライバ 回路ケースの組立に使います。
-ドライバ 配線の取付、基板の調整に使います。幅2mm程度のものをご用意ください。
半田ごてと半田 配線で必要になります。

取扱説明書(オンラインマニュアル)は、TRIOをご購入いただきますとご覧になることができます。(オンラインマニュアルのパスワードは製品に同梱されています。)パラメータの設定方法、配線例、CNCソフトの使い方、イネーブル方式ついて等を詳しく記載しています。以下は取扱説明書のもくじです。

TRIOについて

TRIOについて

チュートリアルの目次

チュートリアルの目次
TRIO取扱説明書(ハード編)

▲TRIO取扱説明書(ハード編)

接続例

▲接続例

QUATTRO-1ケースの組み立て方

▲QUATTRO-1ケースの組み立て方

Mach解説

▲Mach解説

TurboCNC解説

▲TurboCNC解説

よくある質問と答え

▲よくある質問と答え