ホーム > オリジナル製品 > 手動射出成形機INARI

このエントリーをはてなブックマークに追加
手動射出成形機INARI NEW!

INARI

ご注文はこちらオプション品の購入はこちら

返品・交換・キャンセルなどの保証については、こちらをご確認ください。

  • 概要
     
  • 特長
     
  • 使い方
     
  • 加工サンプル
     
  • 仕様
     
  • ご用意
    いただくもの

量産力が欲しいか

射出成形とは

射出成形とは、溶けたプラスチックを型に押し込むことで、型に沿った形状にプラスチックを成形する工法のこと。射出成形機は成形時間が短時間で済むことから大量生産に向いており、家電製品の外装やプラモデルなど身近にあるプラスチック製品のほとんどがこの方法で製造されています。成形機は業務用の巨大なものが一般的ですが、ORIGINALMINDは小さな作り手たちでもこの工法を利用できるよう、自宅の机の上でも使える小型の射出成形機を開発しました。小さなボディに秘められた圧倒的な量産力をお楽しみください。

扱いやすさを第一に

INARIは、扱いやすさを第一に考え射出構造そのものから考え直しました。従来の溶けたペレットにプレスシャフト(押し出し棒)を直接接触させて押し出す構造ではなく、溶けていないペレットを介して溶けたペレットを押し出す構造にすることで、プレスシャフトへの材料の絡みつきが発生しません。この構造は、材料の変色を防ぐ効果もあります。シリンダー内の溶けたペレットと、変色の原因となる空気中の酸素を、溶けていないペレットが隔離するためです。構造から見直すことで、高いメンテナンス性と機能性を兼ね備えました。

型にもやさしいデザイン

一般的な手動射出成形機の場合、成形時にシリンダーを型に押し付けながら材料を注入するため、型の変形・破損がおこる可能性があります。プレスシャフトを押す力がシリンダーを介して型へ直接伝わることが原因です。

INARIは構造的に型を「押し付ける力」と「材料を押す力」を分離しました。さらに、型とシリンダー先端との接触面を大きくすることで型への負担をより軽減しています。

スマートに供給

本体を横向きにすることで、ペレット供給をするときにプレスシャフトや、その周辺のフレームが邪魔にならないよう設計しました。シリンダーやプレスシャフトの位置をズラさないため、ペレットを供給した後にそれらの位置調整をする必要もありません。さらに、供給口が高温にならないため、供給時にペレットが溶けて付着する心配もありません。

クイックな位置合わせ

INARIならシリンダー先端にある切欠きマークを目印に、上下方向、左右方向に動くガイドをそれぞれ調整することで簡単に型の位置合わせができます。同じ型なら成形の度に位置調整をする必要もなく、より短時間で、より多くの部品をつくることができます。
※左右方向に動くガイドはオプション品の位置合わせガイドをご購入いただく必要があります。

INARIの使い方

型のつくり方

KitMillを使えば、高精度で繰り返し使える型をその日のうちにつくることができます。短期間で作成できるため試行錯誤がしやすくなります。また、型はローエンドモデルのKitMill BT100/200でも製作実績があります。大掛かりな設備は必要ありません。

DMM.makeの3D造形サービス「DMM.make 3D PRINT」を使えば3Dデータをアップロードするだけで型の作成を依頼することができます。型の3Dデータをつくることができる方なら誰でも型を準備することができます。

戦車の模型

成形素材 PP
成形品体積(本体) 5.0 cc
成形品体積(履帯) 1.8 cc × 2個
金型素材 A2017
加工機 KitMill AST200
CAD / CAM SolidWorks / Fusion360
加工時間(本体) 約4.5 時間(凹型)・約4.5 時間(凸型)
加工時間(履帯) 約4.5 時間(凹型)・約1.0 時間(凸型)

シャーシ

成形素材 PP/CF(炭素繊維10%)
成形品体積 6.0 cc
金型素材 A2017
加工機 KitMill AST200
CAD / CAM SolidWorks / Fusion360
加工時間 約6.5 時間(凹型)・約1.0 時間(凸型)
抜き勾配 なし

ホイール

成形素材 PP
成形品体積 1.5 cc
金型素材 A2017
加工機 KitMill AST200
CAD / CAM SolidWorks / Fusion360
加工時間 約8 時間(凹型)・約0.5 時間(凸型)

ギア

成形素材 PP
成形品体積 0.4 cc
金型素材 A2017
加工機 KitMill BT100
CAD / CAM 図脳RAPID / Cut2D
加工時間 約1.5 時間(凹型)、約0.5 時間(凸型)
抜き勾配 なし

クランプ

成形素材 PP/CF(炭素繊維30%)
成形品体積 6.0 cc
金型素材 A2017
加工機 KitMill AST200
CAD / CAM SolidWorks / Fusion360
加工時間 約4.5 時間(凹型)・約4.5 時間(凸型)
抜き勾配 なし

ルアー

成形素材 PP
成形品体積 1.2 cc
金型素材 A2017
加工機 KitMill AST200
CAD / CAM SolidWorks / Fusion360
加工時間 約1.5 時間(凹型)・約1.5 時間(凸型)

ルアー(チタン型)

成形素材 PP
成形品体積 1.0 cc
金型素材 チタン
加工機 DMM.make 3D PRINT
CAD SolidWorks
型製作料金 34,686 円(凹凸型合計) ※2017/7/4 時点

外形寸法

仕様

成形実績のある素材 PS・PP・ABS・POM・PA6・PE・TPE
最大押出量 6~10cc(材料や加熱温度により変化します)
例)PP220°Cで最大8cc、PS220°Cで最大9cc
加熱温度上限 270°C
加圧能力 入力に対して理論上10~17 倍
取付可能な型のサイズ 厚さ70mm以下 縦横のサイズは制限なし
重量 6kg
電源 AC100V50/60Hz
消費電力 200W

※ページトップの製品写真には、オプション品の位置合わせガイドが取り付けられています。オプション品は標準では付属しておりませんので、必要な場合は別途ご購入ください。
※改良のため、製品の仕様や外観は予告なく変更される場合がございます。
※実用新案登録済

キットの組み立てに必要なもの

六角レンチ

2面幅2、2.5、3mmのものが必要です。こちらで販売しています。

+ドライバ

No.1のものが1本、No.2のものが2本必要です。

プライヤー

オプションの断熱プレートを組み立てる際に必要です。また、型から成形品を引き抜くときや、シリンダー内の樹脂を廃棄する際に便利です。こちらで販売しています。

成形に必要なもの

型の作り方はこちらをご参照ください。

ペレット

プラスチックの粒です。使用用途に合った特性のものをご用意ください。こちらで販売しています。

あると便利なもの

ニッパー

ゲートの切断や成形品の形を整える際に便利です。プラスチック用ニッパーがおすすめです。こちらで販売しています。

カッター

型同士を引き離すときや、成形品の形を整える際に便利です。

冷却器

型やシリンダーを冷却する際に便利です。冷却器はこちらで販売しています。

1)型は連続使用すると熱がこもり、温度によっては寸法に影響がでます。型を冷やすことで寸法への影響を排除しつつ、連続して成形を行うことが出来ます。

2)シリンダー内の樹脂を廃棄する際、シリンダーを冷やすことで作業を素早く行えます。

予熱機

型を温める際に便利です。予熱機はこちらで販売しています。

1)型が冷たいと樹脂を流し込めない場合があります。金属型であれば型を温めることで樹脂が固まるのを抑え、型への注入を簡単にします。
※予熱機がなくても、型を成形機のシリンダーへ押し付けることで型を温めることができます。
※予熱機があれば正確な温度で型を予熱できるため、成形の再現性を高めることができます。

2)金属型から樹脂が取り外せなくなった場合に、型を温め、樹脂を柔らかくすることで除去を可能にします。
※使用によって必ずしも取り外せるようになるわけではありません。