ホーム > オリジナル製品 > メカトロニクス関連 > チャック

このエントリーをはてなブックマークに追加
チャック

ご注文はこちらオプション品の購入はこちら

返品・交換・キャンセルなどの保証については、こちらをご確認ください。

  • 概要・仕様
  • 組み立て方

エアーを必要とせず電気だけで開閉することができる、DCソレノイド駆動・支点開閉形のチャックです。
この商品は組み立てキットです。組み立ては簡単ですが、ドライバー、スパナ、ヤスリ等の工具が別途必要になります。

把持トルク : 最大500g・cm
重さ : 約120g
電圧 : DC24V(長時間の通電はできません。)
抵抗値 : 144Ω


外形寸法

外形寸法


可動範囲

可動範囲


使用例

フィンガーアタッチメントを取付けたとき 左は、オプションのフィンガーアタッチメントを取付けたときの写真です。
チャックしたい物の大きさに合わせて取付位置を調整することができます。
左の写真の例では、フィンガーアタッチメントにゴムシートを貼り付けてみました。(ゴムシートは付属しません。)
1軸ステージとの組み合わせ例 1軸ステージとの組み合わせ例
動画1
動画2
動画3

このページでは組み立て方についてご説明いたします。

  • チャック本体の組み立てには、プラスドライバーとスパナ(二面幅5.5mm)が必要です。
  • オプション品のネジ輸送用フィンガーアタッチメントの組み立てには、六角レンチが必要です。

部品リスト

ベース
数量:1
材質:SPCC
※ロットによって形状が異なります(現在出荷しているのは右側の写真のものになります)
フィンガー
数量:2
材質:SPCC
カム板
数量:1
材質:SPCC
(オプション)
フィンガーアタッチメント 2個1セット
内訳:
フィンガーアタッチメント 数量:2
バインドスクリュー M3×4 数量:4
(オプション)
ネジ輸送用フィンガーアタッチメント 2個1セット
内訳:
ネジ輸送用チャックFA 数量:2
ノンスリップテープ 数量:1
キャップスクリューM3×8 数量:4
M3ワッシャー 数量:4
使用例
カム
数量:2
材質:SUS303
DCソレノイド
数量:1
電圧:DC24V
※ロットによって形状が異なります(現在出荷しているのは右側の写真のものになります)
引張りバネ
数量:1
バネ定数:0.0036kgf/mm
初張力:0.026kgf
外径:4.32mm
線径:0.32mm
M3×8 バインド小ネジ
数量:2
支点用。
M2×5 サラネジ
数量:1
カム板固定用。
M3×14 なべ小ネジ(HW+SW付)
数量:2
バネポストとして使用。
M2×5 バインド小ネジ
数量:2
カム固定用。
M3ナット
数量:2
支点用。
M3×4 小頭サラネジ
数量:2
DCソレノイド固定用。
標準のサラネジより頭の径が小さいタイプ。

組み立て方

左右のフィンガーをM3×8バインドネジを使ってベースに軽く固定し、フィンガーの開閉がスムーズにできるか確認します。
スムーズでない場合は、ヤスリ等を使ってバリを除去してください。(ヤスリを使わなくても、何回か開閉しているうちにバリが取れて、スムーズになるかも知れません。)
M3×8バインドネジは支点として使用しますので、ネジをきつく締めてしまいますと、フィンガーが開閉できなくなってしまいます。ネジを回していき、締まったところで少し戻し、フィンガーとベースの間に適切な隙間ができるように調整します。
次に、バインドネジが緩まないように、下からM3ナットを使って固定します。(いわゆるダブルナットの構造です。)固定後は再度フィンガーがスムーズに開閉できるか確認してください。
次に、バネを装着します。M3×14なべこネジをバネポストとして使用しています。ピンセットがあると装着しやすいのですが、何か先端の細いもの(つまようじでもよいかも知れません。)を使って装着してください。
カム板に2個のカムが入るか確認してください。カムの径に対し狭く加工されていますので、入らない場合はヤスリ等でバリを除去してください。但したくさん削る必要は無いはずです。たくさん削ってしまいますと、ガタになってしまいますので、注意してください。
DCソレノイドのプランジャに、M2×5サラネジを使って、カム板を固定します。
DCソレノイドを、M3×4小頭サラネジ2個を使って、ベースに固定します。カム板を固定しているM2×5サラネジが上になるように取付てください。
※ベースによって固定する部分が異なります。
フィンガーにM2×5バインドネジを使ってカム(2個)を固定します。
ソレノイドに電圧を加えて、フィンガーがスムーズに開閉できることを確認して組み立て完了です。
フィンガーに付ける金具は、用途に合わせて製作していただくか、オプションのフィンガーアタッチメントをご使用下さい。
(オプションのフィンガーアタッチメントを使用する場合)
チャックしたい物の大きさに合わせてフィンガーアタッチメントの位置を調整します。DCソレノイドは、プランジャが引き込んだ状態が一番トルクが大きいので、できるだけトルクの一番大きいところで、チャックしたい物を掴むように調整してください。
左の写真では、フィンガーアタッチメントにゴムシートを貼り付けてみました。
(オプションのネジ輸送用フィンガーアタッチメントを使用する場合)
チャックしたい物の大きさに合わせてアタッチメントの位置を調整します。DCソレノイドは、プランジャが引き込んだ状態が一番トルクが大きいので、できるだけトルクの一番大きいところで、チャックしたい物を掴むように調整してください。
左の写真のように、ノンスリップテープを貼ってご使用いただけます。

ご注意

  • DCソレノイドに電圧を加え続ける(挟んだ状態にし続ける)と、触れないほど熱くなります。長い間通電し続けることはできませんので、ご注意ください。
  • 部品単体での注文はできません。
  • このページの内容は、改良のため予告なしに変更することがありますので、ご了承ください。
  • このページは万全を記して作成しましたが、お気づきの点がございましたら、ご連絡をお願いいたします。
  • 本商品の使用により生じた、いかなる損害などについて、当社では一切その責任を追いかねますので、ご了承お願いいたします。