ホーム > ものづくり文化展 > TMCIT-A4有志と、バドミントン部顧問様の作品

バドミントンシャトルノックマシン

製作者のコメント

バドミントン部の顧問をしています。「バドミントンのシャトルノックマシンが欲しいなぁ」と話していたら、学生が友達と一緒に自分たちで作ってくれました! 感謝です!!(顧問はアングル材のネジ締め手伝いなどをしていました)

製作者の情報

製作者 TMCIT-A4有志と、バドミントン部顧問様

主に使用している加工機械や部品

写真

作成してくれた装置の写真です。上にあるネジ状のシャトル送り機構は3Dプリンタを用いて作成しています。パンの自販機の中をみて考え付いたようで、内輪では『カベパン』と呼ばれていました。

『カベパン』から送られたシャトルコックは、下にある発射筒の中に落下します。発射筒の中には光センサが取り付けられていて、シャトル挿入による光強度の変化により、シャトルの有無を判定します。シャトルが中に入ると、発射筒下部にある電磁弁が開き、コンプレッサから圧縮空気が発射筒内へと送られ、シャト ルが発射されます。

動画

発射の様子

にゃにゃりん様の作品 < 応募作品一覧:2015年 > ふみさ様の作品