ホーム > ものづくり文化展 > kakiralime様の作品

3Dプリンタを作ろうと思った訳

製作者のコメント

ある日、セロハンテープを使おうとしたら、テープカッターの軸の部分が折れていて使えなくなっていました。ちょうどそのころ、CNCの切削機を手にしていて、いろいろと加工していたため、「軸の部分、作れば直せるのでは?」と、折れて壊れた部品を見ながら3DCADに入力しながら考えました。軸の部分が両側に飛び出ているため、切削の場合、一度ひっくり返す必要がありました。軸を金属棒などにして、太い部分だけを切削で作る方法も考えましたが、「3Dプリンタならできるんだろうな」と頭のなかは、3Dプリンタでいっぱいになっていました。約1年後、X-Y型の3Dプリンタの完成。さらに1年後DELTA型が完成。いろいろな部品を組み合わせた力作もいいですが、こういうシンプルな「作品?」はいかがでしょうか?

製作者の情報

製作者 kakiralime様

主に使用している加工機械や部品

  • ABSフィラメント
  • 自作3Dプリンタ
  • 3DCAD 123D(BETA9)

CADデータ

データファイル Download

写真

手前が3Dプリンタで印刷したテープカッターの軸の部品。

別の角度から。

3DCADに入力します。

飛び出ている軸のため、サポートが印刷されます。

テープのホルダーと、軸の部品は別体になっていました

ぴったりとおさまりました。

修理が終わって甦ったテープカッター。

こおり屋様の作品 < 応募作品一覧:2015年 > 島風技研様の作品