ホーム > ものづくり文化展 > kakiralime様の作品

LMガイドアクチュエータでCNCをつくってみた

製作者のコメント

「時代は切削!」 基板加工や、樹脂加工に使用していた非力な自作CNCはあったのですが、やはり、アルミを加工できるものが欲しくなり、目にとまったのが 2012年のYSさんの作品「卓上CNCフライス盤」。そこには「LMガイドアクチュエータ」が使われていました。1年前に作成したDELTA型の3Dプリンタに「LMガイドアクチュエータ」が使っていたのを思い出し、CNCへ転用することにしました。Web検索すると、多くの作成例があり、「LMガイドアクチュエータ KR33」専用ブラケットキットが市販されているのも見つけました。「CNCがあれば、ブラケットも簡単に作れるのに」とさらに意欲に火が注がれました。

製作者の情報

製作者 kakiralime様

主に使用している加工機械や部品

CADデータ

データファイル Download

写真

モータードライバ、インターフェイスは分離して箱に収納しました。

Z軸は他より短いLMガイドアクチュエータにしました。

当初は、LMガイドと組み合わせた構成を考えていましたが、Webの製作例を参考に、アクチュエータ単体での構成にしました。

3DCADを使って、全体構成を検討します。

3Dプリンタから外した「LMガイドアクチュエータ」X軸とY軸に使っています。

モータ軸との接続用。3Dプリンタの時に作成したものを流用しました。

3Dプリンタでエンドキャップを作成しました。

アルミフレーム標準の金物で強度が不足しそうなところは、アルミ板を追加。

スピンドルはルーターを使用。アルミを削るには力不足?ここは直さないといけません。

ものづくり大好き様の作品 < 応募作品一覧:2015年 > kakiralime様の作品