ホーム > オリジナル製品 > 生産終了品 > BLACKII

このエントリーをはてなブックマークに追加
BLACKII

mini-CNC BLACKII 1510/1520


コストパフォーマンスに優れた小型CNCフライス
CNC加工により、手加工では難しかった複雑な形状の切削を可能に
ホビーの可能性が大きく広がります


本製品は完売につき、販売を終了いたしました。


販売価格:99,800円(税込)


販売価格:129,900円(税込)

本製品の後継機は、KitMill BT100/200になります。

オプション品の購入はこちら

返品・交換・キャンセルなどの保証については、こちらをご確認ください。

  • 概要と特長
  • 仕様
  • 加工サンプル
  • ご用意
    いただくもの
  • 取扱説明書

mini-CNC BLACKII 1510/1520は、低価格の小型CNCフライスです。CNC加工により、手加工では難しかった複雑な形状の切削を可能にし、ホビーの可能性を大きく広げることができます。 前モデルのmini-CNC BLACK 1510/1520から動作速度を向上させ、ご要望の多かった組み立てやすさと作業性について改善しました。 CNCの概要についてはこちらをご覧下さい。

低価格でCNC加工を始められる

mini-CNCシリーズ中最も安価でお求めになりやすいモデルとなっております。個人ユーザーにおすすめです。

小型で持ち運びが可能

デスクトップ加工を実現する小型サイズに加え、mini-CNC BLACKII 1520でも11.1kgと軽量なので1人で持ち運びができます。回路は本体に内蔵されるので、通信用ケーブルと電源ケーブルを外すだけで簡単に持ち運びできます。

すぐれた作業性

前モデルからフレームの構造を改善し、加工テーブルの作業性を高めました。開放感のある作業スペースは、材料のセットや工具の交換などで優れた作業性を発揮します。

本体サイズを超える材料の取り付けが可能

門型構造なので、本体サイズを超えるような長い材料のセットができます。

平面度を簡単に得られます

加工エリアが広ければ広いほどストローク全域にわたって完全な平面度を得ることは微調整にたいへんな労力を必要とします。本製品には樹脂製の加工テーブルが付属しており、面出しをすることでテーブルの平面度を簡単に得ることが可能です。もう面倒な微調整から開放されます。とくに平面度が要求される基板加工にはたいへん有利です。

送り速度・回転の滑らかさが向上

前モデルから約3倍の送り速度、800mm/minを実現しました。加えて、マイクロステップ駆動にも対応しましたので、振動のない滑らかな動きが可能です。

初心者でも簡単配線。

配線部分にはコネクタや端子台を利用し、面倒な配線を少なくしました。また、極性を考えないで配線できるよう工夫されていますので、サクサクと配線作業をおこなえます。配線の手軽さは、これまでの当社CNC基板の中で1番です。

学習用に最適

組立キットなので1台でメカ、電気、組み立てに関する技術が習得できます。汎用工作機と同じGコード形式のツールパスを読み込み可能なので、工業系学校での教材用に最適です。

設定簡単なドライバ基板付属

ステッピングモータードライバには新製品のTRIOを採用しています。アナログ式で設定が簡単に行えます。

原点センサの取り付けに対応

各軸に原点センサの取り付けが可能です。原点センサは加工の再スタートや両面加工時に役立ちます。

集塵機作成キットの取り付け

集塵機作成キットは、お客様のご自宅にある掃除機を取り付けることで、集塵機として使用することができる製品です。切りくずを集塵することでエンドミル折損防止の効果があり、切削後の掃除の手間を大幅に削減できます。BLACKII専用マウントを使用することで、mini-CNC BLACKII 1510/1520へ簡単に取り付けられます。

TRIO ▲TRIO

専用スピンドル専用スピンドル

樹脂製加工テーブル ▲樹脂製加工テーブル

仕様

項目 BLACKII 1510 BLACKII 1520
ストローク X軸:154.2mm
Y軸:105.4mm
Z軸:50mm
X軸:154.2mm
Y軸:205.4mm
Z軸:50mm
取り付け可能な
材料の高さ
42mm
テーブルサイズ 150mm(W) × 100mm(D) 150mm(W) × 200mm(D)
加工可能な材料 アルミ、樹脂(FRP含む)、木材
最大動作速度 800mm/min
送りネジ M6全ねじ(全軸ダブルナット)
分解能
1/4マイクロステップ時 0.00125mm
1/8マイクロステップ時 0.000625mm
1/16マイクロステップ時 0.0003125mm
工場出荷時は1/8に設定されています。
ドライブ基板 TRIO (本体底面に取付)
スピンドル回転数(定格時) 4,800r/min
スピンドル出力 9.2W
ツールチャック方式 セットスクリュー固定方式
対応シャンク径Φ3、Φ3.175、Φ4、Φ6の中から選択
案内方式 シャフト + オイレスブッシュ(全軸)
原点センサ オプション対応
重量 8.3kg 11.1kg
電源 DC24V(AC100Vアダプタ付)

外形寸法

外形寸法

ご注意

  • カッコ内の寸法はBLACKII 1520の寸法です。
  • 改良のため、製品の仕様やデザインは予告なく変更される場合がございます。
バルサ材
ケミカルウッド
CFRP
材質 : バルサ材
CAD : CAMサンプルデータ
CAM : Cut2D
ツール : アルミ用エンドミルΦ2
動画
材質 : ケミカルウッド
CAD : CAMサンプルデータ
CAM : Cut3D
ツール : ボールエンドミルR2
動画
材質 : CFRP
CAD : Jw_CAD
CAM : Cut2D
ツール : アルミ用エンドミルΦ2
動画
高分子PE
POM
生基盤
材質 : 高分子PE
CAD : 外部依頼
CAM : 外部依頼
ツール : ボールエンドミルR2
動画
材質 : POM
CAD : 図脳RAPID PRO
CAM : Cut2D
ツール : 樹脂加工用エンドミルΦ2
動画
材質 : 生基板
CAD : EAGLE
CAM : EAGLE+コンバーター
ツール : 基板加工用カッター
動画

ご用意いただくものをリストアップしました。ご購入前のチェック表としてもご利用ください。

CNC運転のために必要なもの

項目 内容
CNCソフトウェア CNC運転を行うために必要です。CNCソフトウェアについてはこちらをご覧ください。

本製品をご注文の前に、ご使用になるCNCソフトウェアがお手持ちのパソコンで動作するかどうか、充分にご確認をお願い申し上げます。

購入後ご覧になれるオンラインマニュアルでは、CNCソフトウェアについて基本的な機能を解説しています。ただし、CNCソフトウェアは当社で制作したものではないため、詳細な機能に関するサポートはできません。詳細な機能に関しては、製作元にお問い合わせください。

CNCソフトウェアは本製品をご注文の流れの中でお選びいただけます。
パラレルポート搭載パソコン CNCドライブ基板との接続のため、パラレルポート標準装備のパソコンが必要です。USB→パラレルポート変換ケーブルでは動作しません。パラレルポート増設カードでは、動作確認の実績があります。必ずデスクトップ型のパソコンをご用意ください。ノート型のパソコンでは信号が安定しない事が多く、動作不良を起こしやすくなります。

USB経由で接続が可能なUSBCNCも販売しております。よろしければご覧ください。

キットの組立に必要な工具類

項目 内容
六角レンチ 機械の組立に使います。こちらで販売しています。
+ドライバ 機械・回路の組立に使います。
-ドライバ 回路の組立、調整に使います。幅2mm程度のものをご用意ください。
スパナ 機械の組立に使います。二面幅5.5mmと7mmのものが必要です。
半田ごてと半田 配線で必要になります。
ニッパー 配線でケーブルの切断や被覆を取るのに使います。

切削に必要なもの

項目 内容
エンドミル キットに含まれていませんので、用途に合わせたものを別途ご購入ください。
その際、mini-CNCの対応シャンク径と、エンドミルのシャンク径が同じかをご確認ください。
両面テープ 材料の固定に使います。貼って簡単にはがせるタイプのものをおすすめします。

取扱説明書(オンラインマニュアル)は、mini-CNC BLACKII 1510/1520をご購入いただきますと、ご覧になることができます。(オンラインマニュアルのパスワードは製品に同梱されています。)当社が長い時間をかけて作成したもので全部で数百ページあります。(常時更新していますのでページ数は増え続けています。)組み立て方からCNCソフトの使い方まで詳しく説明されてます。

BLACKII のユーザーページのメインメニュー

メインメニュー

CNCソフトウェアについて

CNCソフトウェアについて
組み立て方マニュアル

▲組み立て方マニュアル

組み立て方マニュアルの中身

▲組み立て方マニュアルの中身

BLACKIIの配線

▲BLACKIIの配線

座標系について

▲座標系について

TurboCNC動作確認PCレポート

▲TurboCNC動作確認PCレポート

TRIO取扱説明書

▲TRIO取扱説明書

Mach解説

▲Mach解説

TurboCNC解説

▲TurboCNC解説

よくある質問と答え

▲よくある質問と答え