ホーム > ものづくり文化展 > 電気通信大学ロボメカ工房様の作品

DDR CAR

ものづくり文化展2012 エコロジー賞受賞作品
選定者のコメント:
様々なジャンルのメカトロニクス中古品を使っていること、子供から大人まで楽しめる作品といった点が今回の受賞のポイントです。電気通信大学ロボメカ工房の皆さんが力を合わせて製作したDDR CARは、老若男女を問わず多くの方々に大好評!思わず乗って動かしてみたくなる魅力たっぷりの作品です。多くの方が笑顔になれるような作品をこれからも期待しています。

製作者の情報

製作者 電気通信大学ロボメカ工房
情報理工学部知能機械工学科3年山下貴裕様
情報理工学部知能機械工学科3年高瀬竣也様
情報理工学部知能機械工学科3年児島賢三朗様
情報理工学部知能機械工学科2年池田直樹様
情報理工学部先進理工学科1年 四條亮太様
情報理工学部知能機械工学科1年 橘志門様
情報理工学部知能機械工学科1年 日吉祐太郎様
Webページ DDR CAR紹介ページ

使用している製品・部品

製作者のコメント

『DDR CAR』という名前の通り人が乗ってDDR専用コントローラーで動きます。オムニホイールで前後左右移動はもちろん、斜め移動や左右旋回もできます。2012年の

  • 調布祭(電気通信大学の学祭)
  • MAKER FAIRE TOKYO 2012

にも出展して、

  • 年齢3~70歳程度
  • 体重20~100kg程度
  • 老若男女人種問わず

250名以上の大勢の方に乗って頂きました。ブログでも書いていますが、人が乗る作品を作成するのはメンバー一同初めてで色々苦労しましたが、それだけに作っていてとても楽しかったです。

写真

製作初期のフレームのみの写真です。この状態でも軽い人なら問題なく乗れます。完成版はこれから補強用の構造材を足しています。
少しフレーム制作を進めた段階です。
裏面です。配線が汚いのは気にしないでください。
Solidworksで設計を行いました。
ギア回りはこのような感じです。
塗装もして完成です。
裏側はこのようになっています。

動画


DDR CAR動作テスト


8989先生(わくわくせんせい)様の作品 < 応募作品一覧:2012年 > RyukiSato様の作品