ホーム > クリエイターたち ~活用事例~

クリエイターたち ~活用事例~

facebook twitter youtube

2012年06月14日

金沢工業大学の土居研究室訪問記

第15回ロボットグランプリ大道芸ロボット競技コンピュータ制御部門で見事優勝を獲得した、金沢工業大学の土居研究室に、同大学のオープンキャンパスに合わせて訪問させていただいた。お話を伺ったのは、リーダーの榊原君。ものづくり初心者の彼らが大道芸ロボット競技会に挑戦したことは、「ものづくりを始める大切な一歩」となったようだ。


観客をいかに楽しませるかがポイント

大道芸ロボット競技とは、(社)日本機械学会が主催する「ロボット グ…

2011年07月21日

改良され、パワーアップした当社製品たち


電気通信大学に当社のmini-CNCを導入していただいている事がわかり、同学の文化祭、「調布祭」に合わせて見学させていただくことになった。


見学のきっかけ

はじまりは2010JIMTOF。出展されていた森重研究室様が当社のmini-CNC BLACKⅡを使用されていた事にはじまる。
バキュー…

2011年04月28日

毎年行われる、特別な実習

若年ものづくり人材育成事業とは

当社から車でおよそ5分。取締役の中村と若手G社員の母校である岡谷工業高等学校では、全国中央会指導のもと、「若年ものづくり人材育成事業」の実習授業が毎年行われている。今回、この授業の教材として当社のCNCが抜擢され、「簡易CNCの製作と製作技術」が実施されることとなった。この実習授業は昨年も行われ、その時は精密な時計の組立を行なったそうだ。時計の組立と言えば地元のセイコーエプソン。そして今年は当社のCNCと、地元企業に関係のある実習授業が行われている。

<説明書を読みながら組立開始>
最初は目当ての部品を見つけるのも、時間がかかりました。

2010年04月22日

長野県松本工業高等学校電子工学クラブ訪問記

56名のクラブ員全員が取組むロボット製作

「以前は、機械科のマシニングセンターが空いている時に借りて材料加工をしていたんです」と赤羽先生は話し始めた。
赤羽先生はこの松本工業高校で電子工学クラブの顧問をされている。このクラブは3学年合わせて56人の大所帯で、活動拠点となっている2つの広い部室には打ち合わせのざわめきとともに時々歓声が上がるなど熱気に包まれていた。奥の教室では当社から納めた2台のHAKUが机に据え付けられ頼もしく動いている。

機械科でマシニングセンターを借りて使っていたとき…

<熱気溢れるクラブ室>
PCに向う人、加工する人それぞれが真剣だ。

前へ  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9