ホーム > クリエイターたち ~活用事例~

クリエイターたち ~活用事例~

facebook twitter youtube

2012年10月18日

8月29日〜30日の2日間にわたり、妙高青少年自然の家にて長野高専機械工学科・石川高専機械工学科合同で「ものづくりコンテスト2012」が行われた。

生徒がKitMillで大会用ロボットを製作しているようす

2012年09月05日

いま動画サイトなどで話題の 勝手に入るゴミ箱作った の製作者みのくらさんに取材をさせていただいた。
(実は、世間のみならず当社の社員の間でもこの動画のことが話題になっていた。動画の中で当社の製品である「mini-CNC HAKU」が使用されていることもあり「取材依頼をしてみよう」との声が上がったのである。)

2012年07月31日

2012/07/29に行なわれたワンダーフェスティバルで人型四脚エンジン駆動陸戦型巨大ロボ「クラタス」 が初お披露目されるということで、仕事半分趣味半分で取材に行ってきました。

会場はすごい人で入場に制限がかかるほどでした。水道橋重工さんのブースのど真ん中にお披露目を待つばかりの「クラタス」が圧倒的な存在感を放ちながら鎮座しています。

2012年07月12日

電気通信大学の特殊部隊

(社)日本機械学会主催の第15回大道芸ロボット大会準優勝の電気通信大学の大道芸部隊を見学させていただいた。 電気通信大学には、電気通信大学知能機械工学科 (元機械制御工学科) 主催のもと、95年に設立された学科公認のロボメカ工房と呼ばれる工作サークルがある。電気通信大学の学生であれば学科問わず、誰でも参加することができるサークルで、出場する大会ごとに部隊というくくりで活動している。現在は2、3年生だけでも70名以上が在籍しており、全部で12ある部隊は、それぞれ個性的なロボットを作っている。

前へ  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  次へ