ホーム > お客様の作品集 > 長柄様の作品

作品集

'', 'checked' => array(), ); $ss_id = $_COOKIE[$key]; if (! $ss_id) { return $result; } $database = yaml_parse_file($yml); $hash = $database[$env]; $mysql = mysql_connect($hash['host'], $hash['username'], $hash['password']); if (! $mysql) { return $result; } mysql_select_db($hash['database']); mysql_query('SET NAMES utf8'); $ss_id = mysql_real_escape_string($ss_id); $pref = mysql_query( "SELECT * FROM `preferences` WHERE `key` = '$ss_id';" ); if (! $pref || mysql_num_rows($pref) == 0) { return $result; } $row = mysql_fetch_assoc($pref); $result['user_name'] = $_COOKIE[$alive] ? $row['user_name'] : ''; $result['checked'] = syck_load($row['checked']); } return $result; } } $i = fetch_rails_info(); if (! empty($i['checked'])) { ?>

最近チェックした商品

長柄様の作品

自作CNC

長柄様の自作CNCです。
弊社のリサイクル品をうまく利用してくださいました。とても完成度の高いCNCです。

下記は長柄様から頂いたコメントと写真です。

三協精機のXYロボット、LMガイド、ステッピングモーター等ほとんどオリジナルマインドさんから購入させていただいたものを使用してます。

製作にあたって

  1. 剛性面と加工しやすさの面からデザインは、門型としました。
  2. Y軸、Z軸は剛性面、工作点の安定度からLMガイド併用に決定。
  3. 作業テーブルは、平板から溝加工することにしました。
  4. 鍋CADを使用させていただき図面を作成。←鈴木様を見習って、初めて使いました。
  5. フレームは、精度と加工を少なくするためアルミ17Sのファインカット品を購入。
  6. Z軸の材料は手持ちのアルミ板を使用。←精度出しで苦労。
  7. Z軸は、モーター等で10kg近くになるため、スプリングで吊ってます。
    ストローク中のバネレートの変化を少なくしたいため200mm+150mmを使用。
  8. スピンドルモーターは、ロボットに付いてきたサーボモーターを使用予定でしたが...、ドライバー入手や使い方がよく解らないため、廻り回って写真(三相2Pモーター+インバーター駆動)となってます。
  9. スピンドルは、オークションで入手したBIGの増速スピンドルを分解、高速軸の部分を切り出し、旋盤加工し取り付けてます。ベアリング1個追加。

ただ今、試運転に向けて試行錯誤の状況です。
上手く動けばよいのですが...(^^;

15 004.jpg 全体
15 003.jpg 右側面
15 002.jpg プーリー部
15 001.jpg スピンドル部
15-000a.jpg Z軸

NONSAYAさんの作品 < お客様の作品集トップ > 武田様の作品