ホーム > お客様の作品集 > 吉谷様の作品

作品集

'', 'checked' => array(), ); $ss_id = $_COOKIE[$key]; if (! $ss_id) { return $result; } $database = yaml_parse_file($yml); $hash = $database[$env]; $mysql = mysql_connect($hash['host'], $hash['username'], $hash['password']); if (! $mysql) { return $result; } mysql_select_db($hash['database']); mysql_query('SET NAMES utf8'); $ss_id = mysql_real_escape_string($ss_id); $pref = mysql_query( "SELECT * FROM `preferences` WHERE `key` = '$ss_id';" ); if (! $pref || mysql_num_rows($pref) == 0) { return $result; } $row = mysql_fetch_assoc($pref); $result['user_name'] = $_COOKIE[$alive] ? $row['user_name'] : ''; $result['checked'] = syck_load($row['checked']); } return $result; } } $i = fetch_rails_info(); if (! empty($i['checked'])) { ?>

最近チェックした商品

吉谷様の作品

月・惑星観望用 双眼望遠鏡

神奈川県にお住まいの吉谷様より、自作の双眼望遠鏡の写真を頂きました。
目幅調整機構にリニアブッシュが使用されています。
私は、こんな立派な望遠鏡で天体を観望したことはないのですが、きっと月を観望したら、人生観まで変わるような気がいたします。

以下は、吉谷様より頂いた写真とコメントです。

Bino-01-s.jpg Bino-02-s.jpg

月・惑星観望用 双眼望遠鏡
製作:吉谷 稔 2002.09

口径:80ミリ   f15  焦点距離:1200ミリ  EMS自作。

リニアブッシュは目幅装置に使用します。人によって目と目の間隔が違いますので、使用者が自分でアイピースを覗きながら調整をします。
目幅が合わないと使えません。

双眼望遠鏡は鏡筒を2本並べだけでは使えません。鳥取にお住まいの松本龍郎氏が発明したEMS(正立ミラーシステム)を装着して初めて両目での観望が可能になります。
両目で覗く宇宙はすばらしいものです。
いち度双眼望遠鏡に取り付かれると、もう望遠鏡を単体で覗くスタイルに戻れない人がほとんどです。
もっともっと多くの人に覗いてもらい、双眼望遠鏡を使っての観望が認知されることを願っています。星は双眼で覗くのが自然なのですから。

お客様の作品集トップ > 矢内様の作品