ホーム > 技術解説 > 一軸ステージの制御例

一軸ステージの制御例
  • QUATTRO-1での制御例
  • CNC-4AXISでの制御例

1軸ステージをQUATTRO-1で制御する場合の使用例です。

ペン上下ユニットを付けてプロッタのような動きをさせてみました。
ペン上下用のソレノイドも、QUATTRO基板でON/OFFしています。

クリックで動画がご覧になれます。

構成

接続図

拡大

スピンドルのかわりにDCソレノイドを接続しています。
ペンがM03で下降、M05で上昇となります。

TurboCNCの設定ファイルダウンロード

TURBOCNC.INI

ステッピングモーターの基本ステップ角は1.8度ですので、
360度÷1.8度=200で、1周は200パルスになります。
1軸ステージは、モーターが1周で50mm進みます。
50mm÷200パルス=0.25mmで、1パルスあたり0.25mm進みますが、
QUATTROの設定でマイクロステップ分割数を1/8に設定してありますので、
0.25mm÷8=0.03125となり、分解能は0.03125mmとなります。

Gコードのダウンロード

quattro_plotter.ncd


QUATTROの設定


CNC-4AXIS基板での使用例は「CNC-4AXISでの制御例」をご覧ください。

1軸ステージをCNC-4AXISで制御する場合の使用例です。
ペン上下ユニットを付けてプロッタのような動きをさせてみました。
ペン上下用のソレノイドも、CNC-4AXIS基板でON/OFFしています。

クリックで動画がご覧になれます。

構成

接続図

拡大

ディップスイッチはすべてOFF(工場出荷状態)での使用をおすすめします。
ディップスイッチをすべてOFFにすると、カレントダウンが有効になります。
基板にあるボリュームでカレントダウン電流を調整することができますが、あまり電流を絞ると停止時に保持トルクがゼロになり、位置ズレを起こすようになるので注意が必要です。

Gコードのダウンロード

om2.txt

(ペンの上下ソレノイドON(下降)をM7、ペンの上下ソレノイドOFF(上昇)をM9としています。)

Mach2R6.11の設定ファイルダウンロード

cnc4axis_1axisstage.xml

Mach2R6.11をダウンロードしたフォルダにコピーしてMach2を起動し、最初のメニューで「cnc4axis_1axisstage.xml」を選択してください。

なお、上記のGコードを実行する際は、Config → Stage → IJModeをAbsoluteにしていただく必要がございます。


QUATTRO-1基板での使用例は「QUATTRO-1での制御例」をご覧下さい。

電流計ボックスの製作例 < 技術解説トップ