ホーム > 技術解説 > センサの種類と用途

センサの種類と用途
  • センサの種類と用途

フォトマイクロセンサ(透過形)

光を利用して物体の有無や位置を検出する小型のセンサです。コの字になって向かい合っているセンサ間の空間を物体が通過して光をさえぎることで感知するセンサです。

フォトマイクロセンサ(反射形)

センサが発した光が検出物体にあたり反射した光の量を感知します。

エリアセンサ

何本かの光の軸を出す光電センサで一本でも光がさえぎられると物体の有無や位置を感知するセンサです。広いエリアを検出するのに適しています。

光電センサ(透過型)

光を発する側と受ける側の間の空間を物体が通過して光をさえぎることで変わる光の量を感知するセンサです。検出距離が長く、不透明体であれば、材質・色・形状に関係なく検出が可能です。

近接センサ

センサが発生させる磁界によって金属の接近を感知することができます。磁石につくものしか反応しないので動画では鉄板を使っています。

ファイバーセンサ

ファイバセンサをアンプに連結して物体の有無や位置を検出します。センサヘッドが小型化されているため狭い場所などへ自由に入り込んで検出できるようにしたものです。

レーザーセンサ

レーザー光によって物体の有無や位置を検出する小型のセンサです。レーザー光とはエネルギーを光としたきわめて純度の高い光です。動画では1.5mmのアルミ板と2mmのアルミ板の厚みを感知して2mmでは反応しますが、1.5mmでは反応しないようになっています。

材料の種類と用途 < 技術解説トップ > エアシリンダの種類と用途