ホーム > 技術解説 > エアシリンダの種類と用途

エアシリンダの種類と用途
  • エアシリンダの種類と用途

ロータリーアクチュエーター

エアーによりテーブルが一定の回転角度の揺動回転運動を行うアクチュエータです。動画に使用されているものは90°回転するアクチュエーターです。

ロッドレスシリンダ

通常のシリンダに使用されるピストンロッドをなくしたもので、ステージの上のプレートを往復運動させるシリンダです。普通のシリンダは本体の倍のスペースが必要なのに対して、ロッドレスシリンダは本体分の長さでまかなえます。

エアチャック

ものを掴む動作を行うときに利用します。つかむものに合ったチャックをおえらびください。

ガイド付シリンダ

その名の通りガイドとシリンダが一体化したアクチュエータです。別途ガイドを用意する必要がありません。

ピンシリンダ

全長がとても短く、ショートストロークなシリンダです。狭く小さなスペースでの運用に適しています。

単動型シリンダ

行きは空気圧で、帰りはスプリングの力により往復運動するシリンダです。「押出型」と「引込型」の2種類があり、それぞれ押す時、または引く時のどちらか一方のみに力を発揮します。この動画に使用されているものは引込型で、押出すときはバネの力で、引込むときはエアーの力によりロッドが往復運動します。

複動型シリンダ

往きと帰りの両方が空気圧の力により往復運動をするシリンダです。単動型に比べて押しと引きの力に優れており、エアーポートが2つある最も標準的なシリンダです。

タンデム型シリンダ

2本のシリンダを一列に連結したシリンダで、出力を2倍にすることができます。

センサの種類と用途 < 技術解説トップ > 連射式ゴム鉄砲のつくりかた