ホーム > 技術解説 > 打込スルーホールと片面基板を使った両面基板の作り方

打込スルーホールと片面基板を使った両面基板の作り方
  • 作り方

片面基板 を2枚重ねて両面基板を作ります。
片面基板を使うことで、両面加工をせずに両面基板を作ることができます。

作り方

今回使用する 打込スルーホール はHT3-1です。1.6mm厚の片面基板を使う場合はこの打込スルーホールを使います。
取り付け穴径がφ1.3mmなので、打込スルーホールを取り付ける部分はφ1.3mmのドリルを使って穴をあけます。

基板は部品面とハンダ面の2枚を用意します。
今回は四隅に打込スルーホールをとめる基板を用意しました。


以下の写真のように、銅箔面が外側になるように基板を重ねます。


取り付け穴に打込スルーホールを通し、かしめます。
打込スルーホールをかしめるには、下図(右)のようにしてハンマーで叩きます。銅箔を傷つけないように注意します。
打込スルーホールをかしめることで、基板同士の固定と同時に、スルーホールを作成することができます。

これで完成です。
基板のサイズが大きいと、取付穴がずれる場合があります。
その場合は、加工機の直角度を調整する必要があります。

パターン転写シートを使った自作基板の作り方 < 技術解説トップ > 材料の種類と用途