ホーム > 技術解説 > リニアガイドの種類と特徴

リニアガイドの種類と特徴
  • リニアガイドの種類と特徴

リニアガイドとは?

レールとブロックによって構成されています。レールに取り付けられたブロックが内部に組み込まれているボールの「ころがり」によって直線運動をします。
鉄道車両、エレベータ、カートゲーム機など幅広い分野で利用されています。

中古品のリニアガイド販売ページはこちら
新品のリニアガイド販売ページはこちら

リニアガイドの構造

メーカーと名称

  • LMガイド-THK
  • リニアガイド-日本精機
  • リニアガイド-ミスミ
  • リニアガイド-NSK
  • リニアウェイ-IKO日本トムソン
  • リニアガイドウェイ-ハイウィンなど

リニアガイドの種類

ノーマル

ワイド

Rガイド

防錆処理

ミニチュア

型番の意味と構成(例)

THKのLMガイド

① 呼び型番
② ブロックの種類
③ 潤滑装置QZ付
④ 防塵用記号
⑤ ラジアル隙間記号
⑥ ブロックがステンレス鋼
⑦ レール長さ
⑧ 精度記号
・並級(無)
・上級(H)
・精密級(P)
・超精密級(SP)
・超超精密級(UP)

※弊社では型番の全てを記載しておりません。
※型番の意味は、メーカーによって異なります。

リニアガイドを使ったものづくり

ものづくり文化展

真壁 友様の作品 : 「CNCフライス

Y軸とZ軸にリニアガイドが使用されています。

取り扱いについて

ブロックをレールから抜くとブロック内部のボールがこぼれてしまうことがあり、正常に使用できなくなります。
ブロック内部のグリスが固着すると、ブロックの動きが鈍くなります。
ブロックの側面などに強い衝撃を与えないでください。スムーズな直線運動が失われます。

ご注意

当社では、メカトロニクス中古品に対する技術的サポートは、一切行なっておりません。
メーカー様に直接お問い合わせいただきますよう、お願い申し上げます。

CADソフトウェアのご紹介 < 技術解説トップ > カップリングの種類と特徴