ホーム > 技術解説 > カップリングの種類と特徴

カップリングの種類と特徴
  • カップリングの種類と特徴

カップリングとは?

軸と軸を連結させるものです。脱着を簡単に行うことができ、径の異なる軸同士を連結できます。また、軸のズレを吸収する効果があります。

中古品のカップリング販売ページはこちら
新品のカップリング販売ページはこちら

ディスクタイプ

薄い金属性ディスクをはさんで軸を連結する仕組みで、ディスクのたわみを利用して軸心のずれを調整する構造です。伝達するトルクが大きく、高速回転にも対応します。また、脱着が容易で簡単な構造をしています。

販売ページはこちら

オルダムタイプ

軸心がずれている場合に使用します。他のカップリングに比べてミスアライメントの許容範囲が大きいです。振動が発生しやすいため、高速回転させる用途には不向きなカップリングです。

販売ページはこちら

スリットタイプ

大きな特徴はバックラッシがゼロ。回転精度が求められる用途に適しています。
スリットの形状によっては、伝達できるトルクが小さい場合があります。

販売ページはこちら

ベローズタイプ

偏心・偏角・スラストの全方向に対応しています。ねじれに強く、ノンバックラッシです。
摺動部が無く摩耗粉が発生しないため、クリーンルームでも使用できます。

販売ページはこちら

リジットタイプ

シンプルな形をしたカップリングです。偏角、偏心を許容できません。

販売ページはこちら

ユニバーサルジョイントタイプ

軸と軸が離れた位置にある場合や軸の角度が大きい場合に使われます。軸の角度が大きいほど、出力側の回転速度にムラが生じます。

スプリットタイプ

ねじを外すとカップリングが真っ二つになる構造をしています。偏角や偏心を許容する機能はありません。

軸の固定方法

セットスクリュータイプ

カップリングに通した軸をねじでとめるタイプ

クランピングタイプ

カップリング自体をねじで締めて軸を固定するタイプ

スプリットタイプ

本体を分割して取り付け&取り外しを行います。

用語集

ミスアライメント
二個以上の機械要素を組み合わせる時の心ずれです。偏角誤差、すきま誤差、平行誤差などがあります。

バックラッシ(バックラッシュ)
ギアなどがかみ合うときに、ギアの歯の後方にできる隙間のことです。
カップリングでは、入力と出力の間に発生する回転方向のガタがこれに当たります。
正逆転の伝達が必要になる位置決めでは、このガタが問題になることがあります。

偏心
両軸心の平行誤差です。

偏角
両軸心の角度誤差です。

エンドプレイ
軸の軸方向の移動です。

ご注意

当社では、メカトロニクス中古品に対する技術的サポートは、一切行なっておりません。
メーカー様に直接お問い合わせいただきますよう、お願い申し上げます。

リニアガイドの種類と特徴 < 技術解説トップ > エンドミルの選定方法