ホーム > 技術解説 > CADソフトウェアのご紹介

CADソフトウェアのご紹介
  • Jw_cad
     
  • DraftSight
     
  • 123D Design
     
  • DesignSpark
    Mechanical
  • Illustrator
     
  • Fusion360
     

CADの特徴

歴史の長い2DCADです。
ユーザーが多く、書籍や解説ページが数多く存在します。

http://www.jwcad.net/

CAM読み込み用ファイルへの出力方法

1. CAM読み込み用ファイル(DXF形式)で保存

図形の描画後、右上の「ファイル(F)」>「DXF形式で保存(E)」を選択します。
※線を引くなどの基本的な使い方は、参考書籍やメーカーの取り扱い説明書をご参照下さい。

2. 保存形式の選択

「新規」ボタンをクリックし、ファイル名と保存形式(.dxf)を決定し「OK」ボタンをクリックするとCAM 読み込み用ファイル(DXF形式)として保存されます。

3. NCプログラムの作成

先ほど出力した部品データを2DCAM(Cut2D、VCarvePro)で開き、NCプログラムを作成します。
2DCAMの操作方法に関しては、以下のページを参考にしてください。

参考書籍

http://www.obraclub.com/
http://book.impress.co.jp/books/1114101059

CADの特徴

操作方法にAutoCADと共通点が多く、学校でAutoCADを使用していた方におすすめです。
2DCADとして多くの機能を備えています。

http://www.3ds.com/ja/products-services/draftsight-cad-software/

CAM読み込み用ファイルへの出力方法

1. DXFファイルで保存

左上の「ファイル(F)」>「名前を付けて保存(A)...」を選択します。
※線を引くなどの基本的な使い方は、参考書籍やメーカーの取り扱い説明書をご参照下さい。

2. 保存形式の選択

ファイル名と保存形式(.dxf)を決定し「保存(S)」ボタンをクリックするとDXFファイルとして保存されます。

※ここではファイルの形式を「R14 ASCII 図面(*.dxf)」を選択

3. NCプログラムの作成

先ほど出力した部品データを2DCAM(Cut2D、VCarvePro)で開き、NCプログラムを作成します。
2DCAMの操作方法に関しては、以下のページを参考にしてください。

参考書籍

http://www.xknowledge.co.jp/book/detail/76781419
http://www.costech.co.jp/bk_ds/

CADの特徴

機能がシンプルで使いやすく初心者におすすめです。
参考書籍も多く、モデリングから機械設計まで行う事ができます。

http://www.123dapp.com/

CAM読み込み用ファイルへの出力方法

1. STLファイルに出力

左上の下矢印をクリックし「Export...」>「STL」を選択します。
※線を引くなどの基本的な使い方は、参考書籍やメーカーの取り扱い説明書をご参照下さい。

2. 保存形式の選択

ファイル名と保存形式(.stl)を決定し「保存(S)」ボタンをクリックするとSTLファイルとして保存されます。

3. NCプログラムの作成

先ほど出力した部品データを3DCAM(MeshCAM V5、Cut3D)で開き、NCプログラムを作成します。
3DCAMの操作方法に関しては、以下のページを参考にしてください。

参考書籍

http://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-1856-2

CADの特徴

RS社の豊富な電子部品ライブラリを利用して筺体設計を行えます。
DesingSpark PCB(基板設計用CAD)と連携することもできます。
複数のパーツを組み合わせてアセンブリを組むことも可能です。

http://www.rs-online.com/designspark/electronics/jpn/page/mechanical

CAM読み込み用ファイルへの出力方法

1. STLファイルで保存

左上の「ファイル(F)」>「名前を付けて保存(A)」を選択します。
※線を引くなどの基本的な使い方は、参考ページやメーカーの取り扱い説明書をご参照下さい。

2. 保存形式の選択

ファイル名と保存形式(.stl)を決定し「保存(S)」ボタンをクリックするとSTLファイルとして保存されます。

3. NCプログラムの作成

先ほど出力した部品データを3DCAM(MeshCAM V5、Cut3D)で開き、NCプログラムを作成します。
3DCAMの操作方法に関しては、以下のページを参考にしてください。

参考ページ

公式サイト
日本語対応フォーラム

特徴

IllustratorはCADではありませんが、CADと同じようにCAMが読み込めるファイルを出力することができます。
一般的な2DCADよりも曲線作成の自由度が高いため、刻印やアクセサリー製作を行いたい方に向いています。

http://www.adobe.com/jp/products/illustrator.html

CAM読み込み用ファイルへの出力方法

1. DXFファイルで保存

左上の「ファイル(F)」>「書き出し(E)」を選択します。
※線を引くなどの基本的な使い方は、メーカーの取り扱い説明書をご参照下さい。

2. 保存形式の選択

ファイル名と保存形式(.dxf)を決定し「保存」ボタンをクリックするとDXFファイルとして保存されます。
※AIファイルでも読み込む事は可能ですが、バージョンによっては正常に読み込めない場合があります。

3. NCプログラムの作成

先ほど出力した部品データを2DCAM(Cut2D、VCarvePro)で開き、NCプログラムを作成します。
2DCAMの操作方法に関しては、以下のページを参考にしてください。

CADの特徴

個人や学生、スタートアップは無料で使える3DCADソフトです。本格的な3DCAD機能を有しており、パーツの作成やアセンブリ、構造解析まで行う事ができます。
CAM機能も充実しており、CAD/CAMを一貫して行う事ができます。

http://www.autodesk.co.jp/products/fusion-360/overview

NCデータの出力方法

Fusion360特集記事にてご紹介しております。詳しくはこちらをご覧下さい。

FUSION360特集 < 技術解説トップ > リニアガイドの種類と特徴