ホーム > オリジナル製品 > KitMillシリーズ > KitMill AST200

このエントリーをはてなブックマークに追加
KitMill AST200

ご注文はこちらオプション品の購入はこちら

返品・交換・キャンセルなどの保証については、こちらをご確認ください。

  • 概要
  • 特長
  • 仕様
  • 加工サンプル
  • ご用意
    いただくもの

KitMill AST200 製品PV

KitMill AST200 開発者インタビュー

ものづくりの可能性が大きく広がります

KitMill AST200は、高い切削性能を持ち、鋼材も加工できるデスクトップ型CNCフライス組み立てキットです。フレーム全体に鋳鉄を採用することで、これまでにない機械剛性と減衰性を実現しました。さまざまな材料を安定して加工でき、ものづくりの可能性が大きく広がります。

強さと美が融合した最高性能のKitMill

KitMill AST200は、新たな夢と可能性を提供すべく開発されました。シリーズ中最高の切削性能を持ち、強さと美が融合した、KitMillシリーズのハイエンドモデルです。

進化し続けるKitMillシリーズ

2003年に誕生し常に進化し続けてきたKitMillシリーズ。詳しくはこちらをご覧ください。

案内

メディア掲載履歴

個人向けなのに超パワーのCNCを体験してきた! - Makers Love(メイカーズラブ)
鋼材が加工できる卓上CNCフライス、オリジナルマインドが60万円で発売 - MONOist(モノイスト)
自分が欲しい物を作るためにコストと時間を惜しみなくかけた卓上CNCフライス開発 - MONOist(モノイスト)

高剛性な構造

フレーム全体に剛性と振動減衰性に優れる鋳鉄を採用し、鋼材に対しても安定した切削加工を行えます。また、鋳物特有の美しい質感を感じられるつくりとなっています。

高い切削性能

フレーム全体に鋳鉄を、スピンドルに高出力のモーターを採用したことで、鋼材の切削が可能になりました。樹脂や軽金属の加工においても、これまでにない切削効率を体感できます。

立体物の切削にも最適

シリーズ中最大のZ軸ストロークにより、高さのある部品を削り出すことができるようになりました。また、高い切削性能が、立体物の切削時間短縮を実現します。

ワークテーブルにTスロットを採用

Tスロットにより、クランプやバイスなど一般に販売されている工具をそのまま使用できますので、加工にあわせて様々な固定方法を選ぶことができます。

省スペース・高性能

卓上に置けるほどのコンパクトなサイズでありながら、鋼材を加工できるパワフルな切削性能を秘めています。持ち運びに関しても、大きく3つの部品に分解して各々持ち運べる重さに整えることができますので、クレーンやリフトがなくても移動させることが可能です。

コレットチャック式スピンドルが標準付属

精度、剛性に優れるコレットチャック式スピンドルが標準で付属しています。

仕様

項目 AST200
ストローク X軸:215mm
Y軸:119mm
Z軸:103mm
テーブルサイズ 425.8mm(W) × 134mm(D)
Z軸最高位置 109.7mm(取り付け可能な材料の高さは、加工方法や取り付ける刃物の長さによって変わります。)
加工可能な材料 樹脂、FRP、木材、アルミ合金全般、真鍮、鋼材
加工実績のある鋼材 SS400、S45C
スピンドル ツールチャック形式 コレットチャック式
対応シャンク径 Φ3、Φ4、Φ6、Φ8 (ご購入時に選択いただけます)
定格回転数 標準 5500r/min
オプション※1 9500r/min
モーター定格出力 100W
送り機構 案内形式 リニアガイド
送り形式 標準 Φ12台形ねじ - 樹脂ナット ※リード2mm
オプション※2 ボールスクリュー(XY軸のみ) ※リード4mm
最大送り速度 XY軸:15mm/s (F900)
Z軸:7mm/s (F420)
分解能 標準 XYZ軸:1.25μm
オプション※2 2.5μm(XY軸のみ)
電装部 コントローラー TRA250(特別仕様)
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 200W
対応CAM Cut2D / VCarve / Cut3D / MeshCAM / Fusion360 / PhotoVCarve
記載されていないCAMについては、こちらからご確認いただけます。
重量 67kg

※1 高速用プーリー装着時
※2 ボールスクリュー化セット装着時

外形寸法

外形寸法
※1 テーブルが左右合わせてX軸のストローク分(215mm)動きます。

製品構成

  • 加工機本体
  • コントローラー(TRA250)
  • 制御用ソフトウェア(USBCNC)
  • 配線用ケーブル

この他、必要なものに関してはこちらでご確認いただけます。

カタログダウンロード

ご注意

  • ページトップの製品写真には、オプション品のアルミハンドル3個セットが取り付けられています。オプション品は標準では付属しておりませんので、必要な場合は別途ご購入ください。
  • 改良のため、製品の仕様や外観は予告なく変更される場合がございます。
名称または用途 : 球体 Φ59
材質 : A2017
CAD : SolidWorks
CAM : Cut3D
・ 荒加工
ツール : 2LSD0600
切り込み : 0.6mm
送り速度 : 225mm/min
加工時間 : 約320分
・ 仕上げ加工
ツール : WXL-EBD-R 3×12
切り込み : 0.15mm
送り速度 : 300mm/min
加工時間 : 約90分
加工動画 (クリックで加工中の動画がご覧になれます)
・備考
上記と同様の荒加工と仕上げ加工を、裏側にも行なっています。
ブロワファンで切りくずを飛ばしながら加工しています。
名称または用途 : オオクワガタ
材質 : A2017
CAD : 六角大王Super6、Meshlab
CAM : Cut3D
・ 荒加工
ツール : 超硬スクエアエンドミル D=6
切り込み : 0.6mm
送り速度 : 300mm/min
加工時間 : 約660分
・ 仕上げ加工
ツール : WXL-LN-EBD R2×8×4
切り込み : 0.15mm
送り速度 : 300mm/min
加工時間 : 約570分
加工動画 :
オオクワガタ(等倍速 4分)
オオクワガタ(5倍速 17分)
(クリックで加工中の動画がご覧になれます)
・備考
ブロワファンで切りくずを飛ばしながら加工しています。
名称または用途 : モーターマウント
材質 : 電気亜鉛めっき鋼板(SECC T=1.2)
CAD : Jw-cad
CAM : Cut2D
ツール : WX-EDS-3
切り込み : 0.2mm
送り速度 : 300mm/min
加工時間 : 約15分
加工動画 (クリックで加工中の動画がご覧になれます)
・備考
切り抜く部品が飛ばないように、材料を薄く残しています。
折り曲げには、当社製品の Bender Black 30 を使用しました。
名称または用途 : ロボット相撲用パーツ
材質 : SS400
CAD : autodesk inventor2015
autodesk 123D design
CAM : Cut3D
ツール : OM-SE2SM-3-9
切り込み : 0.2mm
送り速度 : 300mm/min
加工時間 : 約750分
加工動画 :
ロボット相撲用パーツ(等倍速 3分)
ロボット相撲用パーツ(5倍速 23分)
(クリックで加工中の動画がご覧になれます)
・備考
高速用プーリを使用しています。
切削熱を抑えるために、切削油に浸しながら加工しています。
細い穴はKitMill ASTで軽く溝を作った後、ボール盤とドリルで追加工しています。
名称または用途 : 箱 (160×104×30)
材質 : POM
CAD : 図脳RAPID
CAM : Cut2D
ツール : 2LSD0600
切り込み : 2.0mm
送り速度 : 900mm/min
加工時間 : 約80分
加工動画 (クリックで加工中の動画がご覧になれます)
・備考
高速用プーリーを使用しています。
名称または用途 : ロゴマーク
材質 : SS400
CAD : 図脳RAPID
CAM : Cut2D
ツール : OM-SE2SM-3-9
切り込み : 0.2mm
送り速度 : 300mm/min
加工時間 : 約25分
加工動画 (クリックで加工中の動画がご覧になれます)
・備考
加工サンプルの「箱」を油受けとして使用しました。
名称または用途 : 歯車の追加工
材質 : S45C
CAD : 図脳RAPID
CAM : Cut2D
ツール : WX-EDS-3
切り込み : 0.2mm
送り速度 : 300mm/min
加工時間 : 約30分
加工動画 (クリックで加工中の動画がご覧になれます)
・備考
切削熱を抑えるために、定期的に給油しながら加工しています。
名称または用途 : 歯車
材質 : A7075
CAD : 図脳RAPID
CAM : Cut2D
ツール : AL3D-2 2
切り込み : 1.0mm(溝加工) 0.8mm(ポケット加工)
送り速度 : 300mm/min
加工時間 : 約45分
加工動画 (クリックで加工中の動画がご覧になれます)
・備考
高速用プーリーを使用しています。
ブロワファンで切りくずを飛ばしながら加工しています。

ご用意いただくものをリストアップしました。ご購入前のチェック表としてもご利用ください。

CNC運転のために必要なもの

項目 内容
USBポート搭載パソコン 付属のコントローラー(TRA250)との接続のため、USBポート搭載のパソコンが必要です。動作環境については、こちらをご覧ください。
CADソフトウェア CADは当社で取り扱っておりませんので、用途に合わせたものを別途ご用意ください。2DCAMを使用される場合はDXFファイルが出力できるものを、3DCAMを使用される場合はSTLファイルが出力できるものをご利用ください。
こちらで個人ユーザーによく使われているCADをまとめたページがございます。
CAMソフトウェア キットに含まれておりませんので、用途に合わせたものを別途ご用意ください。こちらのページからご購入いただけます。各ソフトウェアの比較はこちら

※NCプログラムをテキストエディタなどで作成すれば、CAD/CAMがなくても動かすことはできます。しかし、部品を加工するためのNCプログラムは数千行、ものによっては数万行におよぶため、部品を製作される場合は必須であるとお考えください。

キットの組立に必要な工具類

項目 内容
六角レンチ 2面幅1.5~8mmのものが必要です。こちらで販売しています。
+ドライバ No.00とNo.2のものが必要です。
-ドライバ 幅2mmと5mmのものが必要です。
半田ごてと半田 配線で必要になります。
ニッパー 配線でケーブルの切断や被覆を取るのに使います。
スパナ 2面幅7mmと8mmのものが必要です。

切削に必要なもの

項目 内容
エンドミル キットに含まれていませんので、用途に合わせたものを別途ご購入ください。
その際、KitMillの対応シャンク径と、エンドミルのシャンク径が同じかをご確認ください。

あると便利なもの

項目 内容
スクレーパー 両面テープで固定した材料をはがすのに使います。
両面テープ 材料の固定に使います。貼って簡単にはがせるタイプのものをおすすめします。

KitMillおすすめ小物リンクコーナーをご用意しました。
こちらよりどうぞ

KitMillおすすめ小物コーナー