ホーム > メカトロニクス新品 > CNC関連 > CAMソフトウェア > Cut2D

Cut2D

2DデータからNCプログラムを出力。
2.5D加工が簡単にできます。
ロボットの部品製作におすすめ。

Cut2D Desktop
販売価格:18,800円(税込)

Cut2D Pro
販売価格:53,800円(税込)

  • 概要と特長
     
  • 使用例 (2D加工スターターセット)
  • ライセンス適用の流れ
  • USBCNCで
    ご使用頂く場合

概要と特長

Cut2Dは2Dデータを読み込み、加工用のNCプログラムを出力する、2DCAMソフトです。
部分ごとに切削する量を設定することができ、2.5D加工を簡単に行うことができます。
ロボットの部品製作におすすめです。
当社にて日本語のマニュアルを用意しております。

※Desktop版ではサイズ制限(625mm×625mm)があり、Pro版ではサイズ制限がありません。
※サイズ制限以外の違いに関しては、製作元のページでご確認ください。

DXF形式のファイルに対応

多くの2DCADソフトが出力可能なDXF形式のファイルに対応しています。お使いの2DCADソフトがDXFの出力に対応している場合はそのままお使いいただけます。

加工条件を保存可能

読み込んだデータと加工条件とをあわせて、独自のファイル形式に保存できます。後になって、部分的に加工条件を変えたいときなどに便利です。

メニューは日本語表示に対応

海外製のソフトウェアですが、メニューは日本語に対応しており、わかりやすくなっています。

ツール・データベース

よく使うエンドミルと加工条件を設定しておいて、それらを呼び出すことができます。毎回設定する手間を省けます。

切削シミュレータ付属

切削シミュレータが組み込まれているため、NCプログラムの確認と修正とをスピーディに行うことができます。

2.5D加工

部分ごとに切削する量を設定することができ、2.5D加工を簡単に行うことができます。切削シミュレータが組み込まれているため、設定が間違っていた場合はすぐに修正することができます。

単純な形状や文字が描けます

単純な形状であれば、CADソフトを使わずに、Cut2DのみでNCプログラムを生成できます。また、お使いのパソコンにインストールされているフォントを使って、文字の彫刻を行うNCプログラムを生成することができます。

モデルの配置を編集可能

複数のデータを読み込み、それらの配置を編集することができます。CADソフトで部品の配置を編集する必要はありません。

タブの加工が可能

タブにより、切り抜く部品を保持することができます。もう、両面テープを大量に貼り付ける必要はありません。

体験版

Cut2Dは体験版をご使用になれますので、ご購入前にこちらからダウンロードして事前に動作をご確認ください。 体験版ではサンプルファイルでのみNCプログラムを保存できます。サンプルファイルはこちらからダウンロードいただけます。
※上記の体験版は英語表示です。
※日本語表示に対応した体験版はこちらからダウンロードいただけます(最新版でない場合があります)。

▼切削シミュレータ
切削シミュレータ

▼モデルの配置を編集
モデルの配置を編集

▼2.5D加工
2.5D加工

はじめに

このページでは、KitMillと2D加工スターターセットを用いて以下のタグを製作する方法をご紹介しています。
機械工作でよく使われる材料の加工の練習をすることができます。
NCプログラムをCut2Dで作成しておりますので、ご購入前の参考にもしてください。

ご注意

この記事は紹介用に作成したものです。
Cut2Dは当社で作成したものではないため、ソフトウェアのサポートやこの記事による不都合が生じても責任を負いかねます。
また、ソフトウェアの画面はバージョンアップ等で変更される場合があります。
あらかじめご了承いただきますよう、お願いいたします。

用意するもの

Cut2DによるNCプログラム生成

Cut2Dの起動

Cut2Dを起動し「新規ファイル作成」をクリックすると、下図の画面が表示されます。

材料のサイズ変更

材料のサイズを、加工するモデルに合ったサイズに変更します。
※このとき単位がmmになっている事を確認してください。

下図のように幅:(x)を35mm、高さ:(y)を55mmと数値を入力します。

厚み:(z)は使用する素材毎に異なります。
まずは一番加工しやすいPOMをご使用ください。
以下を参照して数値を入力します。

材料 厚み
POM 5mm
ABS 5mm
A5052 1.5mm
A2017 1.5mm

入力が完了しましたら「OK」ボタンをクリックします。

2Dデータの読み込み

「ファイルからベクトルをインポート」ボタンをクリックし、以下のデータを読み込みます。

TAG.dxf : (こちらのリンクを右クリックし「対象をファイルに保存」から、あらかじめデスクトップなどにダウンロードしておいてください)

読み込んだ直後はモデルが全選択されています。
この状態で「素材の中心」ボタンをクリックすると、モデルが中央に移動します。

モデル全体を選択したまま「開いたベクトルを結合」ボタンをクリックします。

クリックすると下図の画面になります。
ここでは、結合していない線分同士を結合させます。
CADによってはこの操作が必要になります。
「結合」ボタンをクリックした後、「閉じる」ボタンをクリックします。

「工具経路タブにスイッチする」ボタンをクリックします。

NCプログラムの生成

「素材と早送り間隔をセットアップ」ボタンをクリックします。

下図のように編集後、「OK」ボタンをクリックします

モデルの穴部分をポケット加工するパスを生成します。
下図のようにモデルを選択します(「shift」を押しながらクリックで複数選択できます)。
選択後、「ポケット加工作成」ボタンをクリックします。

「ポケット加工作成」ボタンをクリックすると下図のような画面になります。
「選択」ボタンをクリックし、使用するエンドミルを追加します。

「新規」ボタンをクリックし、赤枠のパラメータは下表のように、加工機と素材によって変えてください。
このパラメータは余裕を持った値となっております。まずはこの値でお試しください。
その他のパラメータは下図のように編集してください。

編集後、「適応」ボタンをクリックし、設定を保存してから「OK」ボタンをクリックしてください。

  • KitMill BT100/200、SR200/420
    材料 (1) (2) (3)
    POM 0.1 480 100
    ABS
    A5052 0.05 300 60
    A2017

  • KitMill RD300/420
    材料 (1) (2) (3)
    POM 0.2 480 100
    ABS
    A5052 0.1 480 60
    A2017

「切削深さ」の設定をします。
材料の反り等が原因で、完全に切り抜くことができず、一部分がつながってしまうことが無いようにするために、材料の厚みより少し深めに設定します。
ここでは材料の厚み+0.5mmとしました。
実際は+0.2mm程度でも切り抜けますが、今回は練習ということで余裕を持って+0.5mmとしました。

「傾斜切り込み」にチェックを入れ、2mmと数値を入力します。

「計算」ボタンをクリックします。
このとき警告が表示されますが「OK」ボタンをクリックしてください。

NCプログラムが生成されます。
確認ができましたら「閉じる」ボタンをクリックします。

「3Dビュー」のとなりにあるタブをクリックします。

同様にモデルの切り抜き加工を行うパスを生成します。
下図のようにモデルを選択し「輪郭工具経路を作成する」ボタンをクリックします。

「輪郭工具経路を作成する」ボタンをクリックすると下図のような画面になります。
「選択」ボタンをクリックし、さきほど追加したエンドミルを選択します。

「傾斜切り込み」にチェックを入れ、2mmと数値を入力します。

切り抜き加工中に加工対象が外れてしまわないように、タブを追加します。
「加工経路にタブを追加」にチェックを入れ「長さ」「厚さ」をそれぞれ設定します。

タブを追加したいベクトルを選択してから「タブ編集」ボタンをクリックすると、下図のような画面が出ます。
タブを追加したい場所をクリックすると「T」が表示されます。
「T」をもう一度クリックするとタブを削除することができます
タブの追加が完了したら「閉じる」ボタンをクリックします。

「計算」ボタンをクリックします。
このとき警告が表示されますが「OK」ボタンをクリックしてください。

NCプログラムが生成されます。

NCプログラムのシュミレーション

「全工具経路プレビュー」ボタンをクリックすると、加工のシュミレーションが行われます。

シュミレーションの結果、しっかりと切り抜けているか確認してください。
確認ができたら「閉じる」ボタンをクリックしてください。

NCプログラムの保存

NCプログラムの保存を行います。
下図の「工具経路保存」ボタンをクリックします。

工具経路リストの全てにチェックが入っていることを確認したら、下図のように選択し「工具経路保存」ボタンをクリックして保存します。
ポストプロセッサに「USBCNC(mm)(*.nc)」がない場合はこちらの設定を行ってください。

加工

材料の用意

材料と捨て板を用意します。今回の加工は切り抜きです。材料よりも少し多めに切り込むため、本体を削ってしまうことがないよう捨て板が必要です。

両面テープの貼り付け

まずは捨て板に両面テープを貼り付けます。両面テープをあまりたくさん貼り付けすぎると剥がすときに大変ですし、かといって少なすぎると切削中に剥がれてしまう可能性があります。

材料にも両面テープを貼り付けます。Cut2Dを使えば、モデルをタブで保持できるため、材料全体に両面テープを貼り付ける必要はありません。
ただし、材料や切り込みの量によっては全体に貼り付ける必要があります。
また、KitMill RD300/420の場合、切削条件を高めていくと両面テープでは固定できなくなります。その場合は、アルミ製加工テーブルをご使用ください。

本体に貼り付け

加工テーブルにさきほどの捨て板を貼り付けます。
今回はKitMill BT100を使用しますが、他の機種でも同様の手順で加工可能です。

その上に材料を貼り付けます。

USBCNCの起動

USBCNCを起動すると下図の画面が表示されます。
「リセット」ボタンをクリックし、動作できる状態にしておきます。

NCプログラムの読み込み

下図(上)の「自動切削操作メニュー」ボタンをクリックすると、下図(下)のようにメニューが変わります。
「NCコード読み込み」ボタンをクリックして、さきほどCut2Dで生成したNCプログラムを読み込みます。


原点設定

スピンドルにエンドミルを深めに差し込んで軽く固定します。エンドミルはOM-SE2SM-2-6を使用します。
差し込む際、刃先を材料などに当てないように注意してください。

JOG(キーボードの矢印キー)を使って、下図のようにX・Y軸を移動させます。
このとき両面テープが貼ってある部分に加工経路がかぶらないようにしてください。
下図のように材料の上に剥離紙を置けば、両面テープの位置をおおよそ把握できます。

Z軸を下げて、エンドミルと材料に5mm程度の隙間ができるまで近づけます。このとき刃先を材料に当てないように注意してください。

エンドミルを固定しているセットスクリューをゆるめ、刃先を材料にそっと当てます。
刃先が材料に当たっている状態でエンドミルを固定します。

固定後、下図のように赤枠内をクリックし、X・Y・Z軸の座標を0にします。
全て0になったことを確認したら「リセット」ボタンをクリックします。
これで設定した位置が原点となります。

原点の設定後、Z軸を5mm程度上昇させエンドミルと材料の間に隙間をあけます。

加工スタート

さあいよいよ加工スタートです! 「実行」ボタンをクリックで加工がスタートします。

加工中の動画
加工中の切りくずは、掃除機などを使用し適度に取り除いてください。

加工完了後の写真

タブの切断

スクレーパーを使用して材料を加工テーブルから取り外ます。
タブはニッパーなどで切断します。

ヤスリで仕上げて完成です。

説明は以上です。

インストールから正式なライセンスコード適用までの流れ

届いたディスクを使ってソフトウェアをインストール

起動時にライセンス入力画面が表示されるので、仮ライセンスコード(ディスクケース裏に記載されているライセンスコード)を入力
仮ライセンスコードを入力


ソフトを起動するたびに、登録をうながすメッセージが表示されるようになります
OKボタンをクリックしてVectricのライセンス登録サイトへ移動します
メッセージ表示


ライセンス登録サイトに移動後、個人情報を入力し、Submit Registration Requestボタンをクリックします
(入力内容に誤りのないようにご注意ください)
※日本語入力には対応しておりません。必ず「英数字」でのご入力をお願いいたします。 個人情報を入力


登録したメールアドレス宛に正式なライセンスコードが送られます

メニューのHelp > Enter License Codeをクリックし、送られてきたライセンスコードを入力
メニューのHelp > Enter License Codeをクリック


次回起動時から登録を促すメッセージが出なくなる

完了

※登録後にメールが届かない場合はへメールを送ってください。
※インストールしたパソコンにインターネット環境が整っていない方は、またはに仮ライセンスコードを送れば正式なライセンスを取得できます。

NCプログラムを保存する画面で、PostProcessorの項目にUSBCNC(mm)(*.nc)がすでに存在する場合、以下の操作は不要です。
※USBCNC(mm)(*.nc)が存在する状態で以下の操作を行うと、ソフトウェア起動時にエラーになる場合があります。
※コンボボックス内のアイテムはアルファベット順になっていないものもあります。



USBCNC用ポストプロセッサの適用方法

以下の操作をすると、USBCNC用のNCプログラムを出力できるようになります。
これにより、Mach3用のNCプログラムでは、修正して使用する必要がありましたが、その必要がなくなります。

まず、各CAMソフトウェア用のポストプロセッサをダウンロードします。
使用しているソフトウェアのものをダウンロードしてください。
右クリックから「対象をファイルに保存」でダウンロードできます。

次に、各CAMソフトウェアのインストールフォルダにあるPostPフォルダ内に対応するファイルをコピーします。
PostPフォルダの場所は各ソフトウェアのバージョンによって異なります。
以下のどちらかにあるので、確認できた方にコピーします。

  • 各CAMソフトウェアのメニューのFile > Open Application Data Folderをクリックして表示されたPostPフォルダ
    (日本語表記になっている場合はメニューの「ファイル > アプリケーションフォルダを開く...」をクリックすると表示されます)
  • C:\Program Files\ソフトウェア名\PostP

ファイルをコピーした後、CAMソフトウェアを再起動してください。
プロセッサはCAMソフトウェアの起動時に読み込まれるため、再起動するまではプロセッサが使用できません。


NCプログラムを保存する画面で、PostProcessorの項目にUSBCNC(mm)(*.nc)があることを確認してください。
確認後、NCプログラムを保存します。




保存したNCプログラムをUSBCNCで読み込みます。エラーが表示されないことを確認して下さい。