ホーム > メカトロニクス新品 > CNC関連 > CAMソフトウェア > Gearotic Motion

Gearotic Motion



歯車製作ソフトの決定版
あなただけのオリジナル歯車が作れます。

Gearotic Motion ライセンス代行取得
販売価格:14,800円(税込)
  • 概要と特長
  • 使用例
  • 加工サンプル
  • インストールとライセンス適用方法
  • ご質問と回答

オリジナル歯車の製作が可能

さまざまな種類の歯車が設計でき、CADデータを出力できます。
出力できるCADデータは2D DXF、3D DXF、3D STLです。
そのCADデータをCut2DMeshCAMで読み込み、NCプログラムを作成すれば、KitMillシリーズであなただけのオリジナル歯車が作れます。

Gearotic Motionで設計 Cut2DでNCプログラム作成 KitMillで加工
▲Gearotic Motionで設計 ▲Cut2DでNCプログラム作成 ▲KitMillで加工

歯車の種類が豊富

非常に多くの種類の歯車に対応しています。CADデータの出力だけでなく、3次元形状の確認もできます。

平歯車 かさ歯車 ピン歯車
▲平歯車 ▲かさ歯車 ▲ピン歯車
非円形歯車 イマジナリ歯車 ガンギ車
▲非円形歯車 ▲イマジナリ歯車 ▲ガンギ車

タイミングプーリも設計可能

タイミングプーリも多くの種類のものを設計できます。21種類のタイミングプーリに対応しています。(2012年5月現在)

時計の製作が可能

ガンギ車を設計できるので時計の製作ができます。動作シミュレーションができるので、動作を確認してから製作できます。
時計の製作

スポークの形状が豊富

様々な形状のスポークを指定できます。内部機構を魅力的に見せる設計をするのもいいかもしれません。

▲スポークの一例

NCプログラムを出力可能

CNCフライス用のNCプログラムを出力できます。単純に切り抜くだけなら別途CAMを購入する必要はありません。

部品点数の削減が可能

出力したCADデータを編集して、歯車と一体化させた部品を設計できます。既成品の歯車を追加工する必要がなく、機器の小型化もしやすくなります。競技用ロボットに使えそうです。

使用例

Gearotic Motionを使って歯車を製作する方法をご紹介いたします。
完成後の写真

ご注意

この記事は紹介用に作成したものです。
Gearotic Motionは当社で作成したものではないため、ソフトウェアのサポートやこの記事による不都合が生じても責任を負いかねます。
また、ソフトウェアの画面はバージョンアップ等で変更される場合があります。
あらかじめご了承いただきますよう、お願いいたします。

用意するもの

歯車のCADデータ作成

Gearotic Motion起動

Gearotic Motionを起動します。
※ この記事では古いバージョンで解説されています。
※ 最新版をインストールしている場合は、インストールフォルダ内の「Gearotic1.0.exe」から起動すれば古いバージョンのインターフェースで使用できます。
起動画面

プロジェクトファイル保存

Saveボタンをクリックしてプロジェクトファイルを保存します。
ファイル名は「平歯車」としておきます。
保存場所はどこでもかまいません。
保存後の画面

歯車設計

歯車を設計します。
今回はモジュール2、歯数24のインボリュート平歯車を製作します。
Spur Gearタブをクリックします。
クリックします

以下の作業を行います。

  1. Gear TypeにSpurを選択します。
  2. パラメーターを編集します。
  3. Regenerateボタンをクリックします。
クリックします

CADデータ出力

CADデータを出力します。
Create Wheelボタンをクリックします。
クリックします

Create Solid Gearウィンドウが表示されます。
OKをクリックします。
Create Solid Gearウィンドウ

設計した歯車が3次元表示されます。
表示された歯車をクリックして選択します。
選択した歯車は赤色になります。
3次元表示

Output Managerボタンをクリックします。
クリックします

Output Managerウィンドウが表示されます。
以下の作業を行います。

  1. Selected GearsにあるInvolute-001を選択します。
  2. Output Optionsにある2D DXFにチェックを入れます。
  3. Create Outputボタンをクリックします。
Output Managerウィンドウ

CADデータはインストールフォルダのGearDataフォルダ内に出力されます。
デフォルトでは「C:\Gearotic Motion\GearData\○○」に出力されます。(○○はプロジェクト名になります)
今回はプロジェクト名を「平歯車」にしているので、「C:\Gearotic Motion\GearData\平歯車」に出力されています。
「Involute-001-2D.dxf」が歯車のCADデータです。

NCプログラム作成

先程作成した「Involute-001-2D.dxf」をCut2Dで読み込み、NCプログラムを作成します。
Cut2Dで読み込みます

歯車の加工

歯車を加工します。
今回はKitMill RD300を使用しました。
歯車の加工

仕上げ

歯車を取り外し、ヤスリで仕上げて完成です。
ヤスリで仕上げて完成

POM
POM
名称 : ガンギ車
材質 : POM
加工機 : KitMill RD300
CAM : Cut2D
ツール : スクエアエンドミルΦ2
切り込み : 0.5mm
送り速度 : 400mm/min
加工時間 : 約53分
名称 : 楕円歯車
材質 : POM
加工機 : KitMill RD300
CAM : Cut2D
ツール : スクエアエンドミルΦ2
切り込み : 0.5mm
送り速度 : 400mm/min
加工時間 : 約22分
POM
POM
名称 : 平歯車
材質 : POM
加工機 : KitMill RD300
CAM : Cut2D
ツール : スクエアエンドミルΦ2
切り込み : 0.5mm
送り速度 : 400mm/min
加工時間 : 約22分
名称 : イマジナリ歯車
材質 : POM
加工機 : KitMill RD300
CAM : Cut2D
ツール : スクエアエンドミルΦ2
切り込み : 0.5mm
送り速度 : 400mm/min
加工時間 : 約24分

インストール方法

ダウンロード手順

以下のページにアクセスし、Downloadsをクリックします。

Gearotic Motion Gear design Software

Gearotic Motion Gear design Software

Current Release *(Click Here)をクリックするとダウンロードできます。
この表記はバージョンアップなどにより変化する場合があります。
Download

インストール手順

ダウンロードしたインストーラを起動します。
ファイル名はバージョンアップなどにより変化する場合があります。

Nextをクリックします。

内容を確認し、Yesをクリックします。

Nextをクリックします。
「C:\Program Files」にはインストールしないでください。
ライセンスファイルが適用できなくなる場合があります。

Nextをクリックするとインストールが開始されます。

インストールが完了するまでしばらく待ちます。

インストールが完了しました。
Finishをクリックしてインストーラを閉じます。

以上でインストールは完了です。

ライセンス適用方法

ご注文

当社がお客様に代わってライセンスの注文を行います。
製作元のGearotic Motion社(カナダ)には、お客様の個人情報(お名前、メールアドレス、住所)を送信させていただきます。

数日後にGearotic Motion社から使用される方のメールアドレスにライセンスファイルが送信されます。
英語のメールですので、迷惑メールとお間違えのないようにご注意ください。
数日たっても届かない場合は、メカトロニクス新品に関するお問い合わせ からご連絡ください。

届いたライセンスファイル(License.dat)をGearotic Motionをインストールしたフォルダにコピーします。
デフォルトでは「C:\Gearotic Motion」にインストールされているので、マイコンピュータ→ローカル ディスク(C:)→Gearotic Motionでインスト-ルフォルダまで移動できます。

Gearotic Motionを再起動し、Aboutボタンをクリックします。


購入時に指定した名前とメールアドレスが表示されます。
表示されない場合は保存先の確認を行い、Gearotic Motionを再起動してください。


完了

Q1 歯車同士の干渉は検出できますか

動作シミュレーションでは内歯車のインボリュート干渉が検出できませんでした。ギヤ比の確認程度にとどめておくのがよさそうです。

Q2 タブの加工やポケット加工はできますか

タブの加工やポケット加工はできません。こだわって加工したい場合は、別途CAMの購入をおすすめいたします。