ホーム > お客様の作品集 > cnc_Fines様の作品

cnc_Fines様の作品

卓上CNC4軸加工機

cnc_Fines(シーエヌシーファインズ)様の作品「卓上CNC4軸加工機」です。

「仕事に使えるマシン」をテーマにしているだけに、素材から精度・組立まで凄いこだわりを感じます。完成度も高い本格的なCNCフライスです。

ホームページを拝見させていただきました。cnc講座があります。
A軸を利用した4面加工のツールパスの生成には、コストパフォーマンスに優れるMESH-CAMを使っていただいているようなので、4面加工に挑戦しようとしている方は必見です。

cnc_Fines様のホームページ:cnc_Fine's

以下はcnc_Fines様から頂いたコメントと写真です。

作品の特長

特に機械精度を重視して作成しました。「仕事で使えるマシン」ということで、本体ベースから、テーブルなど機械のほとんどを角材から削りだししました。平行度をたもつ為に、加工中は温度管理に注意し、材料が熱の為にそりの発生がないようにしました。荒加工のあと、材料を十分寝かせ(3日ほど)その後に仕上げ加工をしています。重量のかかるテーブルの下の材料には、アルミを使用しています。

アルミは、むしれたり切削熱が発生しやすいので、割高ですが金型で使う硬いアルミをつかっています。精度を重視するためにアリミゾ式をあきらめ、リニアガイド方式を採用しましたが、切り屑がレールの上に落ちないような構造にするのに苦労しました。切削油を掛けても機械細部や、ボールネジ部には掛からないようになっています。ボールねじはバックラシュ0規格を採用しました。C3レベルです。

機械の据付は3点方式ですのでバランスの良い構造になっています。

組み立ては、3D測定機上で測定して組み込みしました。XYZの平行度ともに0.01以内の精度に抑えることができました。
機械重量は65キロです。
機械本体サイズ:W515.3 D500.3 H485.4
テーブルサイズ:289×145(移動 X180 Y100 Z80)
加工材:鉄、アルミ、銅、木、プラスチックなど

使用した部品

オリジナルマインドさまのPRXキットをZ軸用にはそのまま使いました。(ボールねじに変更)
モーターの取り付け金具のデザインがシンプルでとても気にいりました もうこのまま使うしかありません。

緑の塗装にあわせて、本体はクリーム色にしました。電源関係、基盤すべてPRXのオリジナルを使用。今後は、スピンドルユニットとサーボモーター化や切削油ユニットを考えてみます。

設計は、三次元CAD(surfcam)を使いました。機械加工には、OKKVP400。思うものができました。オリジナルマインドさまに感謝です。

機械全体
正面
3DCAD図
斜めから4軸ユニット
リニアガイド部拡大
4軸加工サンプル

風の伝道師・松本文雄様の作品 < お客様の作品集トップ > 金太様の作品