ホーム > お客様の作品集 > 谷口研究室様の作品

谷口研究室様の作品

mini-CNC HAKU 2030専用加工ケース

津山工業高等専門学校 電子制御工学科 谷口研究室様の作品「mini-CNC HAKU 2030専用加工ケース」です。

SolidWorksと弊社のmini-CNC HAKU2030を利用して3次元CAD/CAMシステムを構築されています。
これにより研究室内で実験治具などを作成されているそうです。
防音ケースもHAKUとの色合いを考慮して製作されたことがわかり、
非常にマッチした製品のような仕上がりとなっています。
こういったケースは防音効果や掃除が簡単になるだけでなく、安全面でも有利になります。
弊社にも一台ほしいです・・・。

谷口研究室様のホームページ:谷口研究室

以下は谷口研究室様から頂いたコメントと写真です。

作品の特長

オリジナルマインド社の「mini-CNC HAKU 2030」専用の加工ケースを製作しました。 こちらは、加工時に発生する切削の飛び散りを防ぎ、 加工機の下に切削カス収納専用ケースを配置することにより、加工後の掃除が簡単にできます。 また、CNC基盤ケースもケース内に格納でき、加工機周りをスッキリさせました。 若干ではありますが、加工時の防音効果もあります。

使用部品

ケースの支柱にアルミ角材を用い、ケース壁面(上面、正面、左側面)にはアクリル板を用いています。 他の壁面は白いプラスチックの板を利用しています。 ケース壁面はマジックテープで固定しており、自由に取り外しが可能です。

製作過程で苦労したことなど

3次元CADにて設計を行いました。 部品点数が思った以上に多く、穴加工、フライス加工、アクリルおよびプラスチック板の切り出しに時間がかかりましたが、 出来上がりに非常に満足しています。

3次元CADによる設計図
CADCAMシステム外観
切削カス収納ケースを出した状態
加工機サイドの斜めの壁により切削カスが
切削カス収納ケースに落ちる仕組みです。
加工ケースの後ろ側。配線もスッキリです。
加工ケースの拡大写真

矢内様の作品 < お客様の作品集トップ > ポンコツさんの作品